4/20(土) オープン戦 対相模原クラブ

こんばんは。昨日のオープン戦、対相模原クラブの試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
相|012 204 14|14
学|011 212 10|9    (時間制限により8回途中で試合終了)

〈メンバー〉
1.(二)渡部裕→(二)片寄(5裏)
2.(中)柚木→(中)大宮(4裏)
3.(指)小谷野→(PH→指)渡部雄(6表)
4.(一)小林隆→(PH→一)飯倉(8表→8裏)
5.(左)丸山
6.(右)古田→(右)石川(5裏)
7.(三)西脇
8.(捕)小谷地→(捕)三谷(4裏)→(捕)栗原(7裏)→(捕)高澤(8裏)
9.(遊)瀬川→(遊)酒井(5裏)
投.藏(4)→梅原(3)→小林(0)

 

本日の先発は藏(4年/江戸川学園取手)。初回を三者凡退に抑え、順調な滑り出しを見せます。

対する東京学芸の攻撃は2回、1死走者無しから5番の丸山(3年/野沢北)がレフトスタンドに先制本塁打を放ちます。

 

その後は両チームとも一進一退の攻防を繰り広げます。

逆転されて迎えた4回表、先頭打者の古田(4年/大泉)がカウント3-2から中前安打を打ち出塁します。すると、続く7番の西脇(1年/小山台)がレフトの頭上を越える三塁打を放って1点を返し、その西脇も次打者の初球が暴投となりホームに還ってきます。なおもチャンスは続き、8番の小谷地(2年/八戸)が死球を受け出塁すると、続く瀬川(2年/春日部共栄)がきっちり送り、1死2塁とします。その後1番の渡部裕(2年/会津)が左前安打を打って出塁すると、次打者の初球で見事な盗塁を決め1死2、3塁としチャンスを広げます。しかし後続が倒れ、この回は結局2点にとどまってしまいます。

西脇

守備では、5回から梅原(2年/都立新宿)がマウンドに上がると、その回を三者連続三振で抑え、完璧な立ち上がりを見せます。しかし6回、味方のエラーや四球なども重なり一気に4点を失ってしまいます。

梅原

逆転したい7回の攻撃、先頭の西脇が安打を放ち出塁すると、続く三谷(1年/下妻第一)が二塁打を放ち、チャンスを広げます。その後2死2、3塁となった場面で2番の大宮(1年/御殿場南)が放った打球が野手選択となり、その間に三谷がホームに生還。1点を返します。

 

両チーム、点を取っては取られの展開を見せ、競り合いながら迎えた試合の終盤。

8回の裏には、小林(徹)(4年/宮崎大宮)が登板。しかし、時間の都合上8回裏途中で試合終了となりました。

小林(徹)

ミーティングでは、場面に合った必要なプレーをすること、自分がチームに貢献できることは何かを考え行動することがこれからの課題として上がりました。ひとりひとりがチームに影響を与えられる存在になれるように高く意識を持ち、また練習に励んでいきたいと思います。

 

応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。
これからも応援よろしくお願いいたします。

 

(1年/マネージャー/小黒寧々)

 

 

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)