4/21(日) オープン戦 対獨協大学

こんばんは。本日のオープン戦、対獨協大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|010 000 200|3
獨|100 030 02X|6

〈メンバー〉
1.(二)酒井
2.(右)市原→(PH→左)本木(7表→7裏)
3.(指)埴田→加賀谷(6表)→小谷野(7表)
4.(捕)飯出→三谷(8表)
5.(左→右)丸山(7裏)
6.(一)伊戸→(PH→一)大野(6表→6裏)→(PR→遊)石田(8表→8裏)
7.(三)西脇→小林(丞)(6裏)
8.(中)三宅→大宮(6裏)
9.(遊)石塚→(PH)中村(8表)→(一)西原(8裏)
投.荻沢→邑澤(4裏)→加藤(6裏)→河野(8裏)

本日の先発は荻沢(4年/高岡)。いきなり3連続ヒットを浴びますが、空振り三振で2人の打者を仕留め、最少失点に抑えます。その後は安定したピッチングで、2回3回を無失点とします。

攻撃では2回、伊戸(2年/藤島)がレフト前ヒットで出塁すると、その後もヒットや四球でつなぎ、バッターは石塚(3年/旭野)。きっちりとスクイズを決め1点を返します。

4回からは邑澤(2年/山口)、加藤(2年/吉田)がそれぞれ2イニングずつ登板します。加藤は無失点に抑えますが、邑澤は3点を失点してしまいます。その後河野が1イニングを投げますが、2点を失点。結局ピッチャー陣は6失点の内容となりました。

7回、東京学芸の攻撃。本日初打席の大宮(1年/御殿場南)が四球で出塁すると、相手のスキをつき一気に2塁に進みます。その後、石塚が本日2本目のヒット、ショートへの内野安打でつなぐと、続くバッターの内野ゴロの間に大宮が生還。続くバッターは代打本木(4年/成蹊)。打球はレフトを越えタイムリーツーベースヒットとなり、もう1点を得点します。

しかし、反撃はここまで。最終スコア3-6で、敗戦を喫しました。

本日のミーティングでは、サインミスを徹底的に無くすことや、勝負所でのピッチングやバッティングの課題が出されました。

次の試合は、杏林大学との集中応援試合となります。ぜひ、お時間がございましたら球場まで足をお運びいただけると幸いです。

 

☆次の試合

【対戦相手】杏林大学

【試合日時】15:00PB

【試合会場】岩槻川通公園野球場

 

(2年/マネージャー/志太祥子)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)