4/27(土) H31春季リーグ戦 対杏林大学①

こんばんは。本日のリーグ戦、対杏林大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 000 000|0
杏|000 003 10X|4

〈メンバー〉
1.(二)酒井
2.(中)市原
3.(左)本木→(PH)西原(9表)
4.(捕)飯出
5.(右)丸山→(PH→右)古田(7表→7裏)→(PH)加賀谷(9表)
6.(一)大野→(PH)渡部(雄)(7表)→(一)伊戸(7裏)
7.(指)埴田
8.(三)西脇
9.(遊)石塚
投.荻沢(5 2/3)→邑澤(0 1/3)→加藤(2)

本日の先発は荻沢(4年/高岡)。落ち着いたピッチングで相手にチャンスを与えません。
4回、二死からヒットでランナーを出しますが、キャッチャー飯出(4年/野沢北)が相手の盗塁をすかさず刺し、ピンチの芽を摘みます。

荻沢

攻撃では2回、先頭の飯出が内野安打で出塁します。しかし後続が倒れ二死。その後、埴田(2年/小松)のライト前ヒットで二死一、二塁としますが、やはりその後が続かずチャンスをものにできません。

その後、双方得点することができず、0-0の均衡した展開が続きます。

6回、杏林大学の攻撃。エラーやヒットでピンチを迎えると、そのランナーを還され3失点。ここでピッチャーは荻沢から邑澤(2年/山口)に代わります。邑澤は期待に応え、落ち着いた投球でバッターを打ち取ります。

しかし7回、先ほどの攻撃で勢い付いた相手の勢いを止められず、邑澤から加藤(2年/吉田)に継投します。苦しみながらのピッチングでしたが、最後のバッターをダブルプレーに打ち取り、最少失点に抑えます。

試合も終盤になり、なんとかして得点したい学芸ですが、8回は三者凡退に終わります。
9回には、市原(1年/市立川越)がピッチャー強襲ヒットで出塁します。ここから東京学芸は代打攻勢を敷きますが、それも実らず試合終了。4-0で敗戦を喫しました。

ミーティングでは、打席での工夫やチャンスで一本が出ないことなどの課題があがりました。

本日は、飯出、白澤(4年/秋田)のご家族の方、H30年度卒業生の皆さん、部員の友人の方から差し入れを頂きました。ありがとうございました。

また本日は集中応援試合ということで、チアリーダー部の皆さんが応援に駆けつけてくださいました。

その他にも、たくさんの保護者の方々、OBの方々にもご声援を頂きました。たくさんの応援、誠にありがとうございました。

明日は絶対に負けられない一戦となります。明日必ず勝利し、第3戦につなげられるように、部員一同全力で戦いますので、応援よろしくお願い致します。ご都合がつきましたら、ぜひとも球場へ足を運んでいただけると幸いです。

(2年/マネージャー/志太祥子)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)