4/28(日) H31春季リーグ戦 対杏林大学②

おはようございます。昨日行われた春季リーグ戦、対杏林大学の試合結果をご報告いたします。

スコア〉
杏|000 011 110|4
学|000 010 000|1

〈メンバー〉
1.(中→右)市原(7表)
2.(右)西澤→(PH)小谷野(6裏)→(左)本木(7表)
3.(二)酒井
4.(捕)飯出
5.(指)埴田
6.(一)伊戸
7.(三)西脇
8.(左→中)三宅(7表)→(中)池田(9表)
9.(遊)石塚→(PH)中村(8裏)→(遊)石田(9表)
投.高木→加藤(6表)→河野(8表)

 

本日の先発は高木(3年/開智)。ランナーを出すものの要所要所でしっかり抑え、4回までを無失点で切り抜けます。

高木

 

先制点が欲しい東京学芸は4回裏、先頭打者飯出(4年/野沢北)が初球を捉え、右中間ツーベースヒットを放ち、チャンスを迎えます。その後2つアウトを奪われてしまいますが、続く西脇(1年/小山台)が四球を選び二死一二塁とします。さらに三宅(2年/金光学園)のピッチャー強襲内野安打で二死満塁とします。しかし、そう簡単には点を取らせてはもらえず、続くバッターをしっかり抑えられ、得点とはなりません。

飯出

 

その直後の5回表、先頭打者にヒットを打たれ出塁されると、味方のエラーの間に先頭打者が生還。ついに杏林に先制を許してしまいます。

しかしその裏、先頭打者市原(1年/市立川越)が内野安打で塁に出ると、3番酒井(3年/岐阜)も本日2本目のヒットを放ち一死一二塁とします。その後、相手のミスを見逃さず、見事市原が生還。試合を振り出しに戻します。

酒井

このまま勢いを持ってきたい東京学芸でしたが、6回7回にも、ヒットや四球に味方のエラーが重なってしまい、じわじわと点差を離されてしまいます。

8回にも1点を奪われ、1対4で迎えた9回裏、後がない東京学芸は、先頭打者が出塁すると、4番飯出がセンター前ヒットを放ちます。さらにその後のゴロの間に進塁に成功し、二死一三塁とここでチャンスを迎えます。しかし、結局ランナーが生還してくることはなく、1対4で敗北を喫しました。

 

本日のミーティングでは、チャンスでつなげることや、バッターの追い込まれた時の対応などが課題としてあげられていました。

また、本日は小林丞(4年/松山東)、福島(4年/蕨)のご家族から差し入れをいただきました。差し入れをくださった方々、並びにいつも応援してくださっている皆様、誠にありがとうございます。
リーグ戦も終盤に差し掛かって参りました。お時間がございましたら球場に足を運んでいただければ幸いです。これからもどうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

☆次の試合
【対戦日時】5月4日(土) 10:30PB
【対戦相手】流通経済大学
【試合会場】龍ヶ崎市野球場(たつのこスタジアム)

 

(3年/マネージャー/村田奈央)

 

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)