5/26(日) オープン戦 対細田学園高校②

こんばんは。本日のオープン戦、対細田学園高校第2試合の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
細|101 001 200|5
学|003 000 100|4

〈メンバー〉
1.(中)大宮→(右)木之下(8表)
2.(二)片寄
3.(一)渡部(雄)
4.(指)小林→(PH)酒井(圭)(7裏)→(PH)竹内(9裏)→(PR)渡部(裕)(9裏)
5.(左)石川
6.(三)安納→(PH)三谷(9裏)
7.(右→中)柚木(8表)
8.(捕)栗原→(捕)今(6表)→(捕)小谷地(9表)
9.(遊)相良→(遊)瀬川(6表)
投.堀越→立石(6表)→浅野(6表)

第2試合の先発は堀越(1年/城北埼玉)。初回、先頭打者を四球で出すと、犠打や安打が続き先制を許してしまいます。なおも1、2塁のピンチが続きますが、ここで遊撃手、相良(1年/拓殖大学第一)の好守備が飛び出し、この回を1点に抑えます。

堀越(1年/城北埼玉)

対する東京学芸の攻撃は1回、相手投手に翻弄され三者連続三振。2回には石川(2年/北広島)、柚木(2年/鶴丸)が安打で出塁するも後続が続かず得点を奪うことができないという厳しい展開になります。

試合が動いたのは3回裏。先頭打者の大宮(1年/御殿場南)がサード強襲の当たりを打って出塁すると、相手バッテリーの隙を見逃さず二盗、三盗を決めチャンスを広げます。すると続く片寄(1年/磐城)が右中間を抜ける当たりを放ち、大宮が生還。1点を返します。その後、続く渡部(雄)(3年/会津)、小林(3年/松本深志)にも長打が飛び出し、この回一挙3得点。試合をひっくり返します。

先発の堀越は3回にも1失点しましたが、その後は安定した投球を見せ4、5回は完璧に抑えます。

しかし6回表、代わった立石(2年/早稲田)が四球や暴投、また味方の失策なども重なり、同点に。
また7回表にも代わった浅野(3年/立川国際中等教育)が満塁のピンチから押し出しの四球を与えてしまうなど2点を失い、逆転されてしまいます。

なんとか追いつきたい東京学芸は7回裏、渡部(雄)が安打を放ち出塁すると、相手投手の牽制悪送球でチャンスを広げます。石川の死球で1、2塁となると、続く安納(1年/工学院大附属)が右前安打を放ち差を1点に縮めます。しかしこの回も後続が倒れ、追いつくことはできません。

渡部(雄)(3年/会津)

8回、9回表は先頭打者は出すものの、浅野が落ち着いて投げ、得点を許しません。

対する東京学芸の攻撃は8回に木之下(1年/石神井)に二塁打が飛び出すなど反撃の糸口をつかみかけましたが後続が続かず、9回にも代打攻勢を敷きましたが凡退に終わり、最終スコア4-5で敗北しました。

試合後のミーティングでは、相手の先頭打者への意識や、追い込まれる前に勝負を決めることなどが課題として上がりました。それをふまえた上で練習メニューの工夫なども提案されていました。

☆次の試合 6/2(日)
【対戦相手】青山学院大学
【対戦時間】10:30PB
【試合会場】青山学院大学相模原キャンパス

入れ替え戦に向けた最後のオープン戦となります。勝利し、良い雰囲気で入れ替え戦を迎えられるよう、チーム一丸となって戦いますので、応援よろしくお願い致します。

(1年/マネージャー/小黒 寧々)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)