6/1(土) オープン戦 対日本工業大学

本日は、日本工業大学とオープン戦を行いました。試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
工|000 002 100|3
学|000 100 000|1

〈メンバー〉
1(二)酒井(圭)→(PH→二)片寄(7裏→8表)
2(中)大宮
3(一)小林(隆)→渡部(裕)(6表)
4(指)渡部(雄)
5(三)西脇
6(左)丸山
7(右)柚木→石川(9表)
8(捕)船場→小谷地(6表)→今(9表)
9(遊)相良→(PH→遊)瀬川(7裏→8表)
投 福島→邑澤(4表)→飯倉(6表)→梅原(8表)

東京学芸の攻撃は、初回を三者凡退に抑えられてしまいます。しかし2回、一死一塁からチャンスを作ります。丸山(3年/野沢北)が狙った初球を打ちます。鋭い打球はレフト前ヒットとなり、一死一二塁。その後牽制ミスもあり、ランナーは二三塁まで進みますが、後が続きません。この回、大きな得点機会を逃してしまいます。

本日の先発は福島(4年/蕨)。ランナーを出しながらも要所を締めたピッチングで、被安打1無失点で3回を投げきります。4回、代わったピッチャー邑澤(2年/山口)は、立ち上がりに連続ヒットを許しますが、キャッチャー船場(3年/八戸北)の好リードもあり得点を許しません。

4回、再び一死一塁で丸山に打席が回ります。期待のかかるこの場面で丸山は勝負強さを見せつけます。センターの頭を悠に越した打球は二塁打となり、一死二三塁。さらに柚木(2年/鶴丸)が四球を選ぶなどし、相手にプレッシャーを与えます。その影響か守備が乱れ、エラーの間に1得点。先制点を奪います。

丸山(3年/野沢北)

6回からマウンドに上がったのは飯倉(4年/市立浦和)。ヒットと四球でランナーを出してしまいます。続くバッターの内野ゴロをファースト渡部(裕)(2年/会津)が冷静にさばき、ランナーは本塁憤死。二死、安心したのも束の間、キャッチャー小谷地(2年/八戸)のミスもあり、ランナーが生還します。さらにはレフトへの二塁打でもう1点。この回逆転を許してしまいます。7回にも四球で出したランナーを長打で還され、スコアは3-1となります。8回9回を投げた梅原(2年/都立新宿)は、制球に苦しみながらも懸命に投げ、得点を許しません。

2点差を追う東京学芸ですが、毎イニング代わるピッチャーを前に反撃ができません。試合後半、ヒットは絶好調丸山のライトオーバーと瀬川(2年/春日部共栄)のセンター前のみ。ついに得点を挙げることができず、東京学芸は3-1で敗北を喫しました。

本日の試合後のミーティングでは、確認の声の少なさや集中力について、また守備のリズムの悪さなどについて話されました。また、代打で出て打つことができる人をチームに求められている中で、毎イニング相手ピッチャーが代わった今試合を振り返っての反省も上がりました。本日、東京学芸大学の1部残留をかけた入れ替え戦の相手が、首都大学東京に決まりました。入れ替え戦まであと1週間、選手・スタッフ一丸となって頑張ります。これからも応援よろしくお願い致します。

☆次のオープン戦
6/2(日) vs青山学院大学 @青山学院大学野球場 PB10:30

(3年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)