6/2(日) オープン戦 対青山学院大学

こんばんは。本日行われた入替戦前のオープン戦最終試合、対青山学院大学の結果をご報告いたします。

 

〈スコア〉
学|000 100 100|2
青|011 000 11x|4

〈メンバー〉
1(右→中)市原(7裏)→(PH)西原(9表)
2(中)三宅→(PH→左)本木(7表→7裏)
3(指)埴田
4(捕)飯出
5(二)酒井健
6(一)伊戸→(PH→一)大野(6表→6裏)
7(左)丸山→(左→右)西澤(6裏→7裏)→(PH)古田(8表)→(右)富田(8裏)
8(三)西脇→(三)酒井圭(6裏)
9(遊)石塚→(PH)加賀谷(9表)
投 荻沢→高木(4裏)→加藤(6裏)

 

1回2回を抑えられた東京学芸は3回、9番石塚(3年/旭野)がセンター前ヒットを放ち出塁に成功します。

石塚

その後、二死一塁となり、打席に立ったのは三宅(2年/金光学園)。振りぬいた打球は野手の頭上を越えると思われましたが、ライトの好守に阻まれ、得点にはつながりません。

 

先発荻沢(4年/高岡)は、2回に先頭打者の痛烈なホームラン、3回には野手のエラーや相手ランナーの果敢な走塁によって失点を許します。しかし、後続をきっちり抑え、どちらの回も最少失点で切り抜けます。

 

東京学芸は4回、埴田(2年/小松)が四球で出塁します。その後、相手野手のエラーにより無死一二塁とチャンスを作ると、続く酒井(3年/岐阜)がレフト前ヒットを放ち、無死満塁。逆転のチャンスを迎え、打席には伊戸(2年/藤島)が立ちます。センターまで飛んだ打球は犠牲フライとなり、1点を返すことに成功します。

酒井

 

4回からは高木(3年/開智)がマウンドに上がります。4回を三者凡退、5回はヒットを1本許すものの、2奪三振と圧巻のピッチングをみせます。

高木

 

一方攻撃では、5回に市原(1年/市立川越)の安打、6回には大野(4年/高松第一)、丸山(3年/野沢北)の連打があったものの得点とはなりません。

しかし、7回市原が四球で出塁すると、鮮やかな盗塁を決めチャンスをつくります。後続を打ち取られ二死二塁の状況で打席に立ったのは4番飯出(4年/野沢北)。初球を見事センター前に運び、市原が生還。同点に追いつきます。

飯出

 

高木に続き登板した加藤(2年/吉田)は粘り強いピッチングで相手打線を抑えますが、終盤となり、野手のエラーが目立ち始めます。7回8回と1失点ずつしてしまい、点差を離されてしまいます。

後がない東京学芸でしたが、悪い流れを断ち切ることはできません。8回9回を三者凡退で抑えられ、入れ替え戦前の最終試合は2-4で敗北を喫しました。

 

 

本日のミーティングでは、試合には負けたものの、回の失点を最少で抑えられたことやバッティングの考え方については成長が見られたという意見があがっていました。
また、入れ替え戦を見据えた、走塁やバッティングの考え方について話されていました。

 

いよいよ、来週の土日は首都大学東京との1部残留をかけた入替戦です。今までのオープン戦、そしてリーグ戦での経験を糧にし、勝利に向けて部員一同、今一度気を引き締めて臨んでいきます。
いつも応援してくださっている皆様、誠にありがとうございます。お時間がございましたら、ぜひ入替戦に足を運んでいただきたく存じます。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

☆次の試合☆
【対戦日時】6月8日(土)
【対戦相手】首都大学東京
【試合会場】岩槻川通公園球場

(3年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)