6/16(日) 国公立戦 対東京海洋大学

こんばんは。本日の国公立戦の1回戦、対東京海洋大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 002 200|4
海|000 000 100|1

〈メンバー〉
1.(二)渡部(裕)→(PH→二)片寄(6表)
2.(中)西澤
3.(一)小林(隆)→(三)安納(6裏)
4.(三→一)渡部(雄)(6裏)
5.(指)小谷野→(PH→指)茅野(6表)
6.(捕)三谷→(PH→捕)今(6裏)→(PH→捕)栗原(8表)
7.(左)石川→(PH→左)木之下(7表)
8.(右)柚木
9.(遊)瀬川→(PH→遊)相良(7表)
投.浅野(5回)→バルカー(1,2/3回)→梅原(1,1/3回)

入替戦が終わってからはじめての試合。気持ちを入れ替え、今回はフレッシュなメンバーでのぞみました。

初回、東京学芸の攻撃。2番の西澤(2年/野沢北)が左前安打を放ち出塁しますが、後続が続かず先制することはできません。その後は相手投手の緩急ある投球に翻弄され、5回まで内野安打1本を含む安打2本に抑えられ、無得点のまま試合は進んでいきます。

一方守備では、先発の浅野(3年/立川国際中等教育)が素晴らしいピッチングで魅せます。初回こそランナーを出しますが後続をしっかりと断ち得点を許さず、3回からは直球の球威が増し、相手打線を完全にねじ伏せ、5回被安打2、無失点と完璧な投球を見せ、味方の援護を待ちます。

浅野(3年/立川国際中等教育)

その浅野の投球に応えるように野手が奮起します。
6回、先頭に代打で入った片寄(1年/磐城)が死球を受け出塁すると、西澤がバントヒットを決め、チャンスを広げます。続く小林(隆)(3年/松本深志)がボールを見極め、四球を選び無死満塁と得点の大チャンスを作ると、ここで打席に立った渡部(雄)(3年/会津)が2ストライクまで追い込まれながらも、犠牲フライには十分な当たりを放ち片寄が生還。ついに先制します。その後相手投手の暴投の間にもう1点追加し、この回2点を取り、リードする展開となります。

しかし7回、代わったバルカー(1年/都立新宿)が先頭打者に安打を許すと盗塁や進塁打、安打などが重なり、1点を返されます。なおも2死満塁のピンチで、投手は梅原(2年/都立新宿)に代わりますが、ここはビシッと三振を取って抑え、これ以上の得点は許しません。

満塁のピンチを凌いだ学芸の攻撃は8回、先頭打者の安納(1年/工学院付属)が安打を放ち出塁すると、続く4番の渡部(雄)がレフトの頭上を越える2ランHRを放ち、またもや突き放します。

渡部(雄)(3年/会津)
(写真右)

最後は梅原が9回を三者凡退で締め、4-1で試合終了。見事、勝利を収めました。

試合後のミーティングでは、バッティングや走塁、投球術などいろいろな観点から指摘の声が上がりました。自分たちに足りないものは何かを考え、これからの練習の中で補えるように努力していきたいと思います。

☆次の試合 6/22(土)
・新人戦
【対戦相手】共栄大学
【試合開始時刻】10:30PB
【試合会場】共栄大学

・国公立戦
【対戦相手】東工大対農工大の勝者
【試合開始時刻】未定
【試合会場】未定

※国公立戦については次戦の詳しい予定が未定となっております。詳細が分かり次第、Twitterの方に流しますので、チェックしていただければ嬉しいです。

来週末は2つに分かれて試合に臨みます。どちらの試合も勝利を掴み取れるように全力を尽くしますので、応援よろしくお願いいたします。

(1年/マネージャー/小黒 寧々)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)