8/22(木) オープン戦 対作新学院大学②

こんばんは。本日のオープン戦、対作新学院大学の第2試合の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
作新|000 001 000|1
学芸|003 000 00X|3

〈メンバー〉
1.(遊)酒井(圭)
2.(右)西澤
3.(左)本木
4.(指)加賀谷
5.(一)西原
6.(二)中村
7.(捕)三谷
8.(三)片寄→小林(丞)(6表)
9.(中)市原→(PH)古田(7裏)→(中)大宮(8表)
投.邑澤(4)→伊戸(3)→飯倉(2)

小雨の中、行われた第2試合。先発の邑澤(2年/山口)はランナーを出しながらも要所を締めるピッチングで、4回を無失点に抑えます。

邑澤

試合は3回に動きます。まずは、この回先頭バッターの三谷(1年/下妻第一)が死球で出塁します。その後、後続が倒れ二死となりますが、1番の酒井(圭)(1年/越ヶ谷)が冷静にボールを見極め、四球をもぎ取ります。迎えるバッターは第1打席で安打を記録した西澤(2年/野沢北)。二死一、二塁の場面です。巧みに流した打球はレフト線へ抜け、先制の1点を手にします。

西澤

しかし、これだけでは終わりません。次のバッター本木(4年/成蹊)も後に続きます。振り抜いた打球はレフトの頭上を越え、ランナー2人が生還。この回一気に3点を奪取します。

本木

ピッチャーは邑澤から伊戸(2年/藤島)に代わります。代わった回、三振2個を含む三者凡退で上々のスタートを切ります。伊戸は6回に、一死二、三塁のピンチを背負い、内野ゴロの間に1点を失いますが、それ以上の失点は許さず、3-1とリードしたまま試合の終盤を迎えます。

伊戸

攻撃では、なかなか打線が繋がりません。6回には加賀谷(4年/秋田)がレフト前ヒットで出塁し、続く西原(4年/町田)がバントヒットで無死一、二塁とチャンスを作ります。7回には、途中出場の小林(丞)(4年/松山東)もレフト前ヒットと気を吐きますが、いずれも得点には結びつかず。緊迫した展開となります。

8回からは、飯倉(4年/市立浦和)が登板します。難なく打者を打ち取り、相手に思うような攻撃をさせません。9回には、ライトの頭上を越え、あわや三塁打にもなるかと思われる打球を、守備につく西澤が持ち前の俊足を生かしキャッチ。ファインプレーでピンチの芽を摘みます。これで勢い付いた東京学芸は、最後のバッターを空振り三振に仕留め試合終了。3-1で東京学芸大学の勝利となりました。

飯倉

試合後のミーティングでは、点を取った後にも続くことができたことなどが評価された一方、試合への入り方やバッティングなどの課題があげられました。

連日オープン戦が続いております。体調に留意しつつ、リーグ戦に向けて試合経験を積んでいこうと思います。

(2年/マネージャー/志太祥子)

☆次の試合
【対戦相手】千葉商科大学
【対戦時間】8/23(金) 13:00PB
【試合会場】千葉商科大学野球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)