8/22(木) オープン戦 対作新学院大学①

こんばんは。本日のオープン戦、対作新学院大学の1試合目の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 001 03 0 |4
作|001 010 102×|5×

〈メンバー〉
1(二)酒井健
2(右)大宮
3(左)埴田→(左)西澤(9裏)
4(捕)飯出
5(指)小谷野
6(一)大野→(PR)酒井圭(8表)→(一)西原(8裏)
7(中)三宅
8(三)西脇→(PR→三)安納(6表→6裏)
9(遊)石塚
投 荻沢→藏(8裏)

 

本日の先発は荻沢(4年/高岡)。1回を三者凡退に抑えるも、その後は相手打線に苦しめられます。しかし3回、1点を先制され、なおも点を追加されるピンチに直面しましたが、後続をしっかり抑え、最少失点にとどめます。
また、4回には酒井健(3年/岐阜)、石塚(3年/旭野)の二遊間コンビによるダブルプレーが飛び出し、ピッチャーを助けます。

荻沢

 

一方打線は相手ピッチャーに苦しめられ、序盤は三者凡退が続きます。
0対2で迎えた6回、先頭打者西脇(1年/小山台)が四球で出塁すると、代走に安納(1年/工学院大学付属)が送られます。持ち前の俊足を活かし、すかさず盗塁を決めてチャンスを広げます。その後、一死二三塁の場面でバッターは大宮(1年/御殿場南)。見事ライト前ヒットを放ち、安納が生還。1点を返します。

安納
大宮

 

守備では、ピンチの場面が多くあったものの、荻沢は粘りのピッチングをみせ、7回を3失点に抑えます。

 

2点を追いかける東京学芸は8回、二死一二塁とチャンスを迎えます。ここで打席には5番小谷野(4年/日本大学第三)が立ちます。振りぬいた打球はライト線を鋭く突き抜け、スリーベースヒットに。2点を返し3対3と同点に追いつきます。なおも二死三塁、一打逆転の場面で、バッターは5回に今試合チーム初ヒットを放った大野(4年/高松第一)。初球を仕留め、レフト前ヒットを放ちます。その間に小谷野が生還。ついに逆転に成功します。

小谷野
大野

 

8回からバトンを託されたのは、蔵(4年/江戸川学園取手)。ランナーを出すものの、打たせて取るピッチングで危なげなく8回を切り抜けます。
しかし9回、先頭打者の1番バッターをショートゴロに抑えるも、続くバッターを野手のエラーにより出塁させてしまいます。その後、3番を打ち取り、二死まで追い込みましたが、あと一歩及ばず。連打を浴びてしまい、逆転サヨナラ負けとなりました。

 

本日のミーティングでは、負けてはしまったもののいい戦い方ができていたという意見があった一方で、打者の相手ピッチャーへの対応の遅さ、大事な場面での野手のエラーなどが今後の課題としてあげられていました。
来る秋季リーグ戦に挑むため、オープン戦で出た課題を克服し、チームレベルの向上をはかってまいります。

また本日は作新学院大学と2試合を行わさせていただきました。2試合目のブログも併せてご覧いただければと思います。

応援してくださる皆様、いつもありがとうございます。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

(3年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)