8/27(火) オープン戦 対上武大学

こんにちは。本日のOP戦、対上武大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 000 000|0
上|112 000 020|6

〈メンバー〉
1.(左→右)大宮(6裏)
2.(右)市原→(PH→左)酒井(圭)(6表)
3.(二)酒井(健)→(PH)古田(9表)
4.(一)大野→(一)西原(7裏)
5.(指)小谷野→(PH→指)埴田(7表)
6.(三)飯出→(三)小林(丞)(7裏)
7.(中)三宅
8.(捕)三谷→(PH→捕)加賀谷(8表)
9.(遊)石塚
投.荻沢→加藤(8表)

本日の先発は荻沢(4年/高岡)。初回は長打を打たれランナーを出すものの、相手の隙を突く牽制でアウトを取るなど、要所を締めて1失点に留めます。

対する東京学芸の攻撃は、相手投手の差し込んでくる速球に手も足も出ず、5回まで2安打と完全に抑えられます。

荻沢は2、3回と相手打者に2打席連続HRを打たれますが、4回からは調子を取り戻し、ランナーを出しても牽制でアウトにしたりと相手にチャンスを与えず、4回から7回までを無失点に抑えます。

東京学芸は6回、チャンスを作ります。1死から今一番当たっている男、大宮(1年/御殿場南)がこの試合でもライトの頭上を越える二塁打を放ち得点圏に出ると、続く打者に代打で酒井(圭)(1年/越ヶ谷)が送られ、気持ちのいい左前安打を放ち1死1、3塁とチャンスを広げます。しかし次打者の放った打球がダブルプレーとなり、絶好のチャンスを活かすことはできません。

8回から投手は加藤(2年/吉田)に代わります。先頭打者を四球で出塁させると、1死1塁から相手打者にHRを打たれ2点を失いますが、その後は持ち堪え、なんとかピンチを切り抜けます。

6対0と無得点のまま迎えた9回、ここでなんとか点を取りたい東京学芸でしたが三者凡退に終わりゲームセット。最終スコア6対0で敗北を喫しました。

試合後のミーティングでは、打てなかったことへの反省が多く上がり、自分のスイングをすること、打てない中でも何か工夫をすることが大事だという意見が上がりました。
明日からも試合は続きます。リーグ戦に向け、個人、チームの課題を修正しながら「一部で勝てるチーム」を目標に努力してまいります。

本日はBBCスカイホークスさんとも試合を行いました。そちらのブログも併せてご覧ください。

(1年/マネージャー/小黒 寧々)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)