8/29(木) オープン戦 対日本工業大学

本日は日本工業大学とオープン戦を行いました。試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 000 410|5
日|000 010 000|1

〈メンバー〉
1(二)渡部(裕)→(PH→二)片寄(7表→7裏)
2(中)木之下→(PH→左)成田(7表→7裏)→石川(9裏)
3(一)小林(隆)→茅野(8裏)
4(左)小林(徹)→(PR→三)安納(7表→7裏)
5(指)小谷地→高澤(8表)
6(遊)相良
7(三)渡部(雄)→(中)柚木(7裏)
8(右)丸山→富田(9裏)
9(捕)今→(PH→捕)栗原(5表→5裏)→竹内(6裏)
投 藏→浅野(6裏)→バルカー(8裏)→堀越(9裏)

先攻の東京学芸、相手ピッチャーを打ち崩せず三者凡退が続きます。4回、俊足を生かそうと先頭の木之下(1年/石神井)が初球を塁線際にバント。打球はわずかに切れてファールとなります。しかし2球目、今度は鋭く弾き返します。打球は左前安打となり、器用さを見せつけます。さらに盗塁を成功させ無死二塁としますが、後続が打ち取られ、チャンスをものにできません。

本日の先発は藏(4年/江戸川学園取手)。安打による出塁を許しつつも、巧みな牽制でランナーを釘付けにします。要所を締めた落ち着いた投球で5回1失点に抑え、先発としての役割を果たします。ピッチャーは6回に浅野(3年/立川国際中等教育)、8回にバルカー(1年/都立新宿)と継投していきます。二人とも打たせて取るピッチングですべて三者凡退に仕留め、相手打線を完璧に抑え込みます。

1点を追う東京学芸の攻撃は、小林(徹)(4年/宮崎大宮)の死球による出塁からエンジンがかかります。俊足安納(1年/工学院大学付属)を代走に送り、まずは追いつこうと勝負をかけます。安納は難なく盗塁を成功させ2塁へ。大きなリードでプレッシャーをかけられた相手ピッチャーは暴投を続け、ついに安納が生還。交代したピッチャーも制球が定まらず、四球を与えます。続く渡部(雄)(3年/会津)、力強く打ち返した打球は右中間への二塁打となり、一死二三塁。打順は丸山(3年/野沢北)に回ります。初球、丸山が放った打球は、放物線を描きながら左方向へと飛んでいき、見事スリーランホームランに!スコアは4‐1、逆転に成功します。

8回には安納が四球を選んで出塁、俊足でどんどん走り、三塁まで到達します。バッターは代打高澤(2年/春日部東)。うまく運んだ打球は右前安打となり、安納が生還。だめ押しの1点を奪います。最終回、登板した堀越(1年/城北埼玉)が安定したピッチングで三者凡退に抑え、試合終了。5-1で東京学芸大学が勝利致しました。

本日の試合後のミーティングでは、試合中に見られたミスの確認や、一昨日からの三連戦を通しての課題や成長についての話がなされました。明日のオフで連日の疲れを取り、気合を入れ直して明後日以降の試合や練習に励んでいく所存です。また、本日は千葉淑徳大学とも試合を行っております。そちらの試合ブログもぜひご覧ください。

(3年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)