8/29(木) オープン戦 対淑徳大学

こんばんは。本日は淑徳大学とOP戦を行いました。試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学芸|011 000 000 1|3
淑徳|000 000 002 0|2

〈メンバー〉
1.(右→左)大宮(6裏)
2.(二)中村→(PH→二)酒井圭(6表→6裏)
3.(三)酒井健
4.(捕)飯出→加賀谷(8裏)
5.(指)小谷野
6.(左)埴田→(一)大野(6裏)
7.(中)三宅
8.(一)西原→(PH→右)市原(6表→6裏)
9.(遊)石塚
投.加藤(7)→福島(1)→飯倉(2)

本日の先発は加藤(2年/吉田)。初回を三者凡退で抑えると、勢いそのまま、ほぼ完璧なピッチングで相手打線を封じ込めます。加藤は7回を投げて被安打2、無失点に抑えます。

加藤

東京学芸の打線は2回、飯出(4年/野沢北)、小谷野(4年/日本大学第三)、三宅(2年/金光学園)、西原(4年/町田)にヒットが出ます。これで1点を獲りますが、チャンスを活かしきれずこれ以上の得点とはなりません。

3回には酒井健(3年/岐阜)がレフト前にヒットを放ち、すかさず盗塁。得点圏に進むと、飯出に本日2本目のヒットが飛び出します。これがタイムリーヒットとなり、1得点。序盤で2-0とリードします。

しかしこの後、打線が繋がらなくなります。ヒットや四球でランナーは出るものの、得点には繋げられず、9回まで得点は0。結局2-0で最終回の守りを迎えます。

最終回のマウンドには、8回から登板の福島(4年/蕨)が上がります。8回は2つの三振を奪う三者凡退の好投を見せた福島ですが、最終回は苦しみます。ヒットこそ浴びなかったものの与四球が続き、さらには暴投も加わり2失点。失点したタイミングで、ピッチャーは飯倉(4年/市立浦和)に交代します。
飯倉は好フィールディングを見せて一死。残りの二死をどちらも空振り三振に仕留める素晴らしいピッチングで三死。なんとか踏ん張ります。

飯倉

本来は引き分けで試合終了となりますが、本日の試合ではこの後、無死一、二塁のタイブレークを行いました。

10回の表、東京学芸のバッターは小谷野。送りバントの打球を相手が三塁に投げるもののセーフの判定。これで無死満塁となります。打順は大野(4年/高松第一)に回ります。大野はライトへ犠牲フライを放ち、三塁にいた酒井健が生還。なんとか1点を勝ち越します。

飯倉は10回も登板しますが、野手の冷静な守備もあり無失点で試合終了。3-2で東京学芸大学が勝利を収めました。

試合には勝てたものの、チャンスをものにできない場面が多々あり、課題の残る試合となりました。

試合後のミーティングでは、これに加え、走塁や守備についても課題が多くあげられました。

オープン戦も残すところ3試合となりました。リーグ戦初戦をいい形で迎えられるよう、最終調整を図りたいと思います。応援よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/志太祥子)

☆次の試合 8/31(土)
【対戦相手】専修大学
【対戦時間】13:00PB
【試合会場】専修大学伊勢原キャンパス

【対戦相手】上智大学
【対戦時間】11:00PB
【試合会場】上智大学秦野キャンパス


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)