8/31(土) オープン戦 対専修大学

本日は専修大学とオープン戦を行いました。試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 301 010|5
専|100 001 110|4

〈メンバー〉
1(左)大宮→(PH→左)本木(7表→7裏)→(PH)片寄(9表)→(右)市原(9裏)
2(右→左)西澤(9裏)
3(三→二)酒井(健)(6裏)
4(捕)飯出→三谷(6裏)
5(指)小谷野→埴田(6表)→(PR)安納
6(中)三宅
7(一)西原→(PH→一)大野(6表→6裏)
8(二)中村→(PH)小林(徹)(6表)→(三)小林(丞)(6裏)
9(遊)石塚→酒井(圭)(6裏)
投 荻沢→伊戸(6裏)→飯倉(8裏)

東京学芸の攻撃は3回まですべて内野ゴロや三振に仕留められ、出塁がかないません。その中で本日先発の荻沢(4年/高岡)は、コントロール良く順調にアウトを重ねていきます。5回を投げて自責0、エースとしての貫禄を見せつけます。

打順も2巡目となった4回は、打線の繋がった攻撃を展開できた回となります。西澤(2年/野沢北)が絶妙なところにバント、見事セーフとなります。酒井(健)(3年/岐阜)、飯出(4年/野沢北)がヒットで続き、まず1点。さらに小谷野(4年/日本大学第三)のバントヒットで酒井(健)が生還して、2点目。続く三宅(2年/金光学園)の犠牲フライで1点を追加し、この回計3点を奪います。

6回、三宅が鋭く放った打球は、そのままライトの頭上を越えホームランに!リードを3点に広げます。この回裏からピッチャーは伊戸(2年/藤島)に代わります。伊戸は2回を投げて2失点、しかし粘り強い投球で1点差を守り切ります。

次々に代わる相手ピッチャー陣を前に、東京学芸はなかなか追加点を奪えずにいましたが、8回、死球で出た埴田(2年/小松)の代走として、安納(1年/工学院大学附属)が送られます。先日の3連戦でも自慢の足で得点を量産している安納が、今回も期待に応えてくれます!初球で華麗に盗塁すると、三宅の進塁打で三塁へ。続く大野(4年/高松第一)のセンター前ヒットで生還します。試合も終盤、大きな1点をもたらします。

8・9回を投げたのは、飯倉(4年/市立浦和)。8回に1点を返され、5-4で迎えた9回裏。持ち前の打たせて取るピッチングで、難なくフライを上げさせます。センター三宅、レフト西澤がしっかり取ってゲームセット。最終スコア5-4、東京学芸大学の勝利となります。

試合後のミーティングにおいて、守備では、大量失点を防げたことなどが良かった点として、つまらないミスが発端の失点をなくすことが課題として挙げられました。一方で攻撃では、それぞれが求められた役割を果たせてたことが良かった点として、1巡目の打席への入り方が課題として挙げられました。リーグ戦にむけ、チームは良い状態に仕上がってきています。東京学芸の応援を、これからもよろしくお願い致します。

(3年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)