9/21(土) オープン戦 対明治学院大学

こんにちは。本日のオープン戦、対明治学院大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 020 000|2
明|030 000 10×|4

〈メンバー〉
1.(右)大宮→(右)市原(4裏)→(PH)小林(徹)(9表)
2.(二)酒井(健)
3.(左)埴田→(左)西澤(6裏)
4.(捕)飯出
5.(指)小谷野→(PH)中村(8表)
6.(中)三宅
7.(一)大野→(一)伊戸(4裏)
8.(遊)石塚
9.(三)酒井(圭)→(PH)片寄(7表)→(三)小林(丞)(7裏)
投.荻沢(3回)→加藤(2回)→浅野(2回)→藏(1/3回)→河野(2/3回)

本日の先発は荻沢(4年/高岡)。初回、安打を許して走者を出しますが、素早い牽制で見事アウトに。3人で抑え、上々の滑り出しを見せます。
しかし、2回には野手のミスをきっかけに相手打線に攻め込まれ3失点。リードを許してしまいます。

対して攻撃は速球派の相手投手を前になかなか思うようにいきません。3回に酒井(圭)(1年/越ヶ谷)が相手の意表をつくセーフティバントで出塁に成功しますが、4回までに安打はその一本のみ。完全に抑えられてしまいます。

しかし5回、チャンスは巡ってきます。今季リーグ戦絶好調の石塚(3年/旭野)が本日も安打を放ち出塁すると、続く酒井(圭)も本日2本目の安打を放ち、後ろに繋げます。その後暴投の間に2人共進塁し、一死二、三塁。この大チャンスで打席に立ったのはキャプテン酒井(健)(3年/岐阜)。カウントを整え、迎えた6球目。振り抜いた打球は前進守備の外野の間を破り三塁打に!この間に2人が生還し、キャプテンの一打で2点を返します。

2-3と1点差まで詰め寄り、これ以上1点も与えたくない東京学芸。4回から投手は加藤(2年/吉田)に代わります。相手打者に二塁打を許すも、ここで捕手の飯出(4年/野沢北)が三盗を阻止し、相手に流れを渡しません。加藤は2回を投げ無失点。危なげなく仕事をこなします。
6回からは浅野(3年/立川国際中等教育)がマウンドに立ちます。6回は三者凡退に抑えたものの、7回に満塁から押し出しの四球を与えてしまい1失点。しかしなんとか持ち堪えて、最後は見逃し三振で打者を打ち取ります。

点差が2点に広がり、追いつき追い越したい東京学芸でしたが、代わった変化球投手に翻弄され、なかなか攻撃の糸口を掴むことができません。それでも7回には酒井(健)が本日2本目の安打を放つなどして満塁のチャンスを作りますが、後続が倒れあえなくスリーアウト。得点に結びつけることができず、悔しい結果に終わります。

8回からは藏(4年/江戸川学園取手)がマウンドに上がりますが、四球と安打もあり一死一、三塁に。このタイミングで、投手は河野(2年/所沢北)に代わります。得点圏にランナーをおきながらも落ち着いて投げ、見事無失点。完璧な投球を見せます。

最終回、なんとか点を取りたい東京学芸でしたが、三者凡退に終わり、試合終了。2-4で敗北を喫しました。

試合後のミーティングでは、チャンスの場面での打席内での工夫や、試合前の準備について意見があげられていました。

今日のこの試合は、チームの課題が浮き彫りとなった試合でした。チームの課題は個人の課題でもあります。練習の中から準備や工夫をし、来週のリーグ戦で勝利を掴めるように一人一人努力してまいります。これからも応援の程よろしくお願い致します。

また、来週28日(土)、29日(日)の杏林大学との試合は集中応援試合となっております。ぜひ球場まで足をお運び頂ければと思います。よろしくお願い致します。

(1年/マネージャー/小黒 寧々)

☆次の試合 9/28(土)
秋季リーグ戦 集中応援試合
【対戦相手】杏林大学
【試合開始】15:00PB
【試合会場】県営大宮球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)