10/14(月) R1秋季リーグ戦 対東京国際大学①

こんばんは。本日のリーグ戦、対東京国際大学 第1戦の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学芸|000 000 0|0
国際|002 150 X|8
(7回コールド)

〈メンバー〉
1.(右)西澤
2.(中)市原
3.(左)埴田→大宮(6裏)
4.(捕)飯出→三谷(6裏)
5.(ニ)酒井健
6.(指)小谷野→(指)富田(6表)
7.(三)西脇
8.(一)伊戸→(PH)西原(7表)
9.(遊)石塚

投.加藤(4 1/3)→浅野(2/3)→邑澤(1)

本日の先発は加藤(2年/吉田)。落ち着いた投球でアウトを重ねていきます。コーナーを丁寧に突き、1、2回を三者凡退に抑えます。

加藤

しかし3回、四球で出したランナーを自身の暴投で進めると、連続ヒットで還され2失点。先制点を献上してしまいます。

対する攻撃は、出塁したランナーをかろうじて得点圏に進めるのがやっと。その後の打線がつながらず、得点させてもらえません。

守備では5回。加藤は安打を許し、さらに自身の失策も絡んで1失点。このタイミングで投手は浅野(3年/立川国際中等教育)に交代します。しかし浅野も勢いづいた相手を止められず、結局この回5失点。一気に相手の背中が遠のきます。

攻撃では、5回に石塚(3年/旭野)が本日2本目のヒットで出塁すると、市原(1年/市立川越)にもヒットが生まれチャンスを作ります。好打順でベンチの期待も高まりますが、続くことができず三死。結局得点できません。

石塚

6回からは邑澤(2年/山口)が登板します。邑澤は危なげない投球で簡単に三死を奪い、流れをなんとか引き寄せます。

邑澤

しかし攻撃は7回も三者凡退。0-8(7回コールド)で敗北を喫しました。

試合後のミーティングでは、走塁などにおいての理想と現実の話や、打撃に変化が求められていることなどの話が上がりました。

明日が最終カードの2戦目となります。明日負けたら最下位が決定します。なんとか勝てるように、必死で相手に向かっていきます。応援のほど、よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/志太祥子)

 

☆次の試合

【対戦相手】東京国際大学

【試合開始】10/15(火) 14:30PB

【試合会場】岩槻川通公園野球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)