引退メッセージ5 中村港

4年生引退メッセージ、本日は、巧みなバットコントロールと選球眼で多くの出塁を積み重ね、兼任コーチとして精神的にチームを支えた中村港(4年/青森)です。

 

◯四年間のベストプレー
令和元年秋季リーグ戦
開幕戦の対流通経済大1打席目
春リーグは1部で1本もヒットを打てず、秋こそはと迎えた開幕戦の1打席目に、自分が磨いてきた流し打ちでヒットを打つことができました。

 

◯4年間で嬉しかったこと
引退が決まった試合に後輩たちが泣きながら引退を惜しんでくれた時。負けた悔しさ、申し訳なさがあったが、それを上回る達成感を後輩が僕に与えてくれました。

 

◯4年間で苦しかったこと
・入部してからの2.3ヶ月。
グラウンドには入れず、ずっと外でラントレの毎日。学年のグループライン名が陸上同好会なのはこれが由来。

・11月5日の朝
いわゆる絶起というやつです。4年間無遅刻を貫こうとした僕の目標は、引退5日前に儚く散りました。

 

◯自分がチームに貢献できたこと
わかりません!強いて言うなら、学年関係なく、意見の飛び交う風通しの良いチームづくりに一役買えたかなと思います。

◯後輩に一言
「逆境を笑え、苦笑いで」
→僕の好きな野球選手の言葉です!試合に出れなかったり、上手くいかなかったり、そんな時、無理にでも笑ってその時を楽しみましょう!結果も大切ですが野球を楽しんでください!

 

◯期待している後輩
もちろん全員に期待しています!

・船場海(3年/八戸北)、小谷地耕大(2年/八戸)、今仁志(1年/青森)、成田天雅(1年/弘前)
→同郷の彼らには、僕とポジションが違うとか学年が違うなんてことが関係ないくらいの愛着があります。おめんどけっぱれよ!

・酒井圭太(1年/越ヶ谷)
→二遊間を組む回数が1番多い、且つ1年生で1番生意気でした。僕との黄金の二遊間は解散しますが、また別の誰かと黄金の二遊間を組んでください。

 

◯学芸大野球部で良かったこと数えきれません!
監督、コーチ、最高の仲間に出会えたことが1番です!

 

4年生引退メッセージ、次回は小谷野和之(4年/日本大学第三)です。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)