11/16(土) オープン戦 対明星大学

こんばんは。本日のオープン戦、明星大学との試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学芸|000 000 000 |0
明星|000 000 001X|1

〈メンバー〉
1.(遊)酒井圭→(遊)瀬川(6裏)
2.(右)市原→(PH→右)柚木(6表→6裏)
3.(指)埴田→(PH)小谷地(7表)
4.(一)伊戸
5.(左)丸山→(PH→左)西澤(7表→7裏)
6.(三)西脇→(三)安納(7裏)
7.(中)三宅→(PH→中)大宮(8表→8裏)
8.(捕)三谷→(捕)今(8裏)
9.(二)片寄→(二)渡部裕(6裏)
投.河野→邑澤(6裏)→バルカー(9裏)→加藤(9裏)

新チーム・新体制になって初めての試合。先発マウンドには河野(2年/所沢北)が上がります。

初回、ツーアウトから二連打と死球で二死満塁のピンチを招きますが続く打者を三球三振に取り、0点に抑えます。
河野のその後は危なげないピッチング。5回にもピンチを招きますがここも要所を締め0点に抑えます。結果河野は5回無失点。許した安打も3本と、先発投手としての役目を果たします。

河野

打線は三者凡退が続いていた5回、相手のエラーと7番三宅(2年/金光学園)のクリーンヒットでツーアウトながら一、三塁のチャンスを作ります。しかし8番三谷(1年/下妻第一)の当たりは惜しくもレフトフライ。二者残塁となります。
その後も7回の先頭には代打の小谷地(2年/八戸)、9回の先頭には守備で途中出場の瀬川(2年/春日部共栄)がヒットで出塁し、無死一塁のチャンスを作るも後続が倒れ無得点に。結果、この試合ではホームベースを踏むことはありませんでした。

6回以降の守備、マウンドには邑澤(2年/山口)が上がります。邑澤は四球でランナーを出しながらも力強いストレートを武器に打ち取り6,7,8回を0点に抑えます。

邑澤

9回のマウンドにはバルカー(1年/都立新宿)が上がります。先頭をカーブで見逃し三振に取りますが、その後四球とバントヒットを許し一死一、二塁のピンチを作ってしまいます。ここでマウンドには加藤(2年/吉田)が上がりますが代打にヒットを許し、二塁走者が生還。この試合初めての得点でサヨナラ負けを喫しました。

試合後のミーティングでは、ピンチを0点に抑えられた反面、打撃ではバントのミスが出るなど甘さが出たとの指摘がありました。また、勝負所での勝負の仕方を考えるといった戦う姿勢についての話も挙がりました。

明日もオープン戦があります。新チームになったばかりで未だ探り探りの状態ではありますが、試合・練習を通して経験を積み、春に向けて着実に進んでいきます。ご声援の程、宜しくお願い致します。

(3年/マネージャー/谷口寛太)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)