引退メッセージ4 藏恒汰

4年生引退メッセージ、本日は、多彩な変化球を持ち、ユーモアな人柄でチームを盛り上げた藏恒汰(4年/江戸川学園取手)です。

・4年間のベストプレー
秋季リーグの杏林戦の1試合目
→自分の持ち味を出せて、ストライク先行でマイペースに2回を完璧に抑えられた。

 

・4年間の嬉しかったこと
色んな後輩に引退するとき泣いてもらえたこと
→引退しちゃうと寂しい、いないとつまんないなどと言ってもらえて、自分という存在が認めてもらえたように気がして、嬉しかった。

 

・4年間で苦しかったこと
投げられない期間が長かったこと
→3年生ぐらいで、ちゃんと投げられずチームの力にもなっていないし、野球部にいる意味があるのかぐらいまで考えて、とても悩んで苦しかった。

 

・自分がチームに貢献できたこと
「笑顔、明るさ」
→感情の起伏を作らずに、常に明るくしていようと思ってやっていたので、微力ながらチームに明るさと笑顔を提供できたんじゃないかなと思う。

 

・後輩に一言
→来年からみんなが2部で戦うということで、4年生としてとても申し訳なさを感じます。けど、みんなが見据えるべきは1部です。この冬、死に物狂いで練習し、春に圧倒的な強さで2部を勝ち、すぐに1部へ昇格してください。そのためにも大事なのは信じることです。自分はまだやれると信じる、自分のやっていることは間違いではない、自分たちは強いと信じてあげることが大事なんじゃないかなと思います。個性強めでいつもうるさい4年生が抜けたのでがっつり野球に集中できると思います。僕はみんなならできると信じてます。

 

・期待している後輩
○邑澤大志(2年/山口)
→顔とか背格好が似ていて、弟みたいな存在というか、もはや弟。全てにおいてお前はこんなもんじゃない、もっとできると兄は信じています。兄として成長、活躍を大いに期待してます。頑張れ、もっと上へ

○安納玄騎(1年/工学院大学附属高校)
→足速いし、バッティングもいいのでレギュラーを勝ち取ってください。熱くないように見えて、中に熱いもの持ってることを僕は知っています。どんなに苦況であっても、凛としていれば花は咲くと信じて、頑張ってください。

 

・学芸大学野球部で良かったこと
「色んな考えた方の人がいて、自分の幅が広がる」
「自分たちで組織を運営できること」
「みんな仲がいい」

 

4年生引退メッセージ、次回は中村港(4年/青森)です。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)