引退メッセージ18 本木惇太

4年生引退メッセージ、本日は、爽やかな人柄と安定した外野守備が魅力の本木惇太(4年/成蹊)です。

 

○ベストプレー
4年春リーグ戦
創価大望月投手から打ったセンター前ヒット
完璧に捉えたセンター前ヒットでした。プロに進む投手から打つことができ、1部で戦う上での自信になりました。

 

○嬉しかったこと
1部で戦い、勝利を経験できたこと。
入部してからずっと目標としてきた1部で、1年間戦うことができたことが何よりも嬉しかったです。常に苦しい戦いの中、チーム全員でもぎ取った勝利は今でも鮮明に覚えています。

 

○苦しかったこと

4年間で1度も克服できませんでした。
夏という季節は好きなのですが、夏に調子が良かった試しがなく、特に夏合宿に関しては、ほとんど打った記憶がありません。学芸の野球部員は、夏に調子が上がる選手が多く、毎年焦りを感じていました。

 

○チームに貢献できたこと
バッティングピッチャー
コントロールだけなら部内で1番良かった自信があります。アウトコースに決まる軽い球をみんなが気持ち良さそうに飛ばす、4年間このルーティンでした。

トレーニング
大学のトレーニング施設以外でトレーニングをするという選択肢を提供できたのかなと思います。

 

○後輩に一言
今振り返ってみても、みんなと一緒に野球ができて本当に良かったなと心から感じます。
次のチームを引っ張るのは間違いなく3年生だし、2年生はチームに勢いをつけることができる選手が揃っていて、1年生の練習に臨む姿勢はとても勉強になると思っていました。
皆さんならすぐに1部に復帰することができると確信しています。
卒業後もしばらく同じキャンパスにいるので、練習相手が欲しいとき、お腹が空いたとき、気軽に声を掛けて下さい!

 

○期待している後輩
市原智也(1年/市立川越)
市原が入部してきたときに同じ外野手としてすごく焦ったことを覚えています。走攻守全て高いレベルで戦える選手だと思うので、チームの核になることを目指して、これからも練習に励んで下さい!

西脇宗孝(1年/小山台)
1年春から1部の舞台を経験し、苦しい時期もあったと思います。でもその経験は必ず西脇にとっての力になります。走攻守でチームを引っ張り、学芸を代表する選手になる日を楽しみにしています!

三谷竜平(1年/下妻第一)
オフの日に4年生の僕を練習に誘ってくれた唯一の1年生です。いつでもロングティー誘って下さい。現状は、三谷のポテンシャルからしたら、まだまだ物足りないです。マスクを被っても、打席に立っても1番目立つ選手になって下さい!期待しています!

 

○学芸大野球部で良かったこと
練習したくなったら割といつでもできること
→野球場に行けば大体誰かが練習してます
素晴らしい仲間が沢山いること
1部の舞台で戦えたこと
どこのチームより熱い試合応援があること
などなど魅力に溢れています。
最高の4年間でした。本当にありがとう。

 

4年生引退メッセージも、いよいよ次回でラストとなります。最後を飾るのは池田啓維(4年/蕨)です。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)