部紹介Q&A

こんにちは。本日は、新入生に向けて、東京学芸大学硬式野球部に関する情報を、Q&A方式で紹介していきます。

どの部活に入ろうか悩んでいる人、野球部がどんな雰囲気なのか知りたい人はぜひご一読ください!!

 

【部活編】

・人数は?
A.現在、選手41名、学生コーチ3名、マネージャー6名(内女子マネ4名)で活動しています。

・練習時間は?
A. 月・木:OFF
火・金:朝練 6:40〜8:30頃
水:授業後〜19:00頃
土:13:00〜17:00
日:9:00〜13:00
以上の予定で行っています。土日にはオープン戦が入ることもあります。長期休業中はオープン戦の日程を見ながらOFFを設定しています。

・どこでやってる?
学芸大学内の野球場です。全面人工芝で洗濯が楽です。オープン戦やリーグ戦の時は、この野球場では試合が行えないため相手大学のグラウンドや球場で行います。

・長期休暇はある?
リーグ戦終わりに1週間程の休暇があります。
夏休み中には合宿終わりに3日程、冬も2週間程の休暇があります。

・先輩後輩の関係は?
学芸大の野球部は学生主体をモットーに活動しています。なので先輩後輩関係なく意見の言い合えるチームです。練習中にも先輩後輩関係なく意見を言い合えたり、一緒に自主練をしながらアドバイスしあえたりなど、とてもフランクな関係だと思います。

・道具などはどうすれば?費用はどのくらい?
入部届を出してもらう際に、ユニフォームなど部で揃える物は注文してもらいます。(スパイクも部で統一です)個人で用意してもらうものはそんなにありません。最初はグローブ、バット、練習着等があれば大丈夫です!入部してから先輩のスタイルを見て真似してください。
初期費用は、例年、10数万円程度かかっています。

・部費は?またその他お金はどのくらいかかる?
部費は選手は半期5万円、マネージャーは半期2万円です。そのほかにも春夏の合宿費、また試合移動の時の交通費が別でかかります。

・出身は?
弊部は推薦入試がないため、選手全員一般入試を経て入学しています。公立校出身の選手がほとんどで、特に地方から上京してきた選手も多いです。

 

 

【日常生活編】

・バイトは?
バイトを行いながら部活に励んでいる人がほとんどです!業種は多岐に渡ります。また同じところでバイトをしている人も多いので、ぜひ先輩方に聞いてみてください!

・勉強との両立は?
こればかりは皆さんの頑張り次第ですが、現状としては、できている人の方が多いです。練習もそこまで忙しい訳ではなく、部全体としても学業優先としており、テスト前には1週間程度のオフがあります。両立は十分に可能です。

・一人暮らしの人が多い?
一人暮らしと実家暮らしの人の割合は半々くらいです。都内や近隣の県出身の人は、実家から通っている人もいます。

 

【スタッフ編】

・スタッフは何人?
現在学生コーチ3名、マネージャー6名(内女子マネ4名)で活動しています。

・学生コーチの仕事は?
練習メニューの作成や、練習の指示出し、ノックやタイムキーパーなど練習は学生コーチを中心に行います。また選手へのアドバイスも行います。試合中もベンチに入り、コーチャーも行います。「学生主体」のチームである学芸野球部において学生コーチはとても大きな存在です。

・マネージャーの仕事は?
マネージャーの仕事は部のデータ管理や会計管理、広報の仕事、練習の補助(トスをあげたり、ノックのボール渡し、ビデオ撮影など)、試合の時には場内アナウンスやスコア記入などを行います。また、ここには書ききれないほど細かい仕事がたくさんあります。自分たちの仕事も行いながら、練習の様子を見て手伝ったりするので周りを見ながら行動することができるようになります。大学野球はお金の管理はもちろん、試合の運営や合宿・OP戦の計画を立てるのも自分たち(特にマネージャー)で行うので、普通の大学生では味わえない経験をすることができます。

ご質問等ございましたら、お気軽にメール(tokyogakugeibaseball@yahoo.co.jp)、または本投稿にコメント等お願いします。

入部希望の方は、こちらをご参照ください。

R2年度入学の皆様へ


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)