10/25(日) オープン戦 対東洋学園大学

こんばんは。本日は、東洋学園大学とオープン戦を行いました。試合結果を報告致します。

〈スコア〉
学芸|004 011 100|7
東洋|010 000 001|2

〈メンバー〉
1.(中)三宅→(打→左)埴田(9表→9裏)
2.(遊)石塚→(打)小谷地(9表)→(遊)佐藤(9裏)
3.(二)酒井(健)→片寄(7裏)
4.(一)伊戸→西脇(7裏)
5.(指)小林
6.(三)渡部(雄)→高山(6裏)
7.(右)芝→大宮(7裏)
8.(捕)三谷→今(9裏)
9.(左)酒井(圭)→(左→中)西澤(5裏→9裏)
投.高木(4回)→一條(3回)→大音(1回)→堀越(1回)

本日の先発は、先日プロ野球志望届を提出した高木(4年/開智)。ストライク先行のピッチングで相手を追い込みます。
2回には味方の守備のミスも相まって先制を許しますが、ポーカーフェイスの高木はそれでも動じず淡々と投げ込み、3回には3者連続で三振を奪う圧巻のピッチング。
4回を投げて、被安打3、奪三振5、1失点(自責点0)に抑えゲームメイクをしました。

高木

高木の好投に応えたい野手陣ですが、1、2回は淡白な内容。相手投手を前にバットは空を切りチャンスを作れません。
しかし、3回。先頭バッターは三谷(2年/下妻第一)、その2球目でした。
強く振りぬいた打球はそのまま左中間フェンスを越え、同点ホームランに。試合を振り出しに戻します。
目の覚めるような一打に勇気付けられた他の打者たち。2番石塚(4年/旭野)、3番酒井(健)(4年/岐阜)の連続ヒット、さらに相手のミスも絡まって2点を追加。試合は東京学芸がリードする展開となります。

三谷

5回には二塁打を放った三宅(3年/金光学園)を酒井(健)がきっちりと返し1得点。6回には小林(4年/松本深志)がヒットを放つと、渡部(雄)(4年/会津)や芝(1年/松山東)がボールを見極めチャンスを作ります。その後、内野ゴロの間に1得点。じわじわとリードを広げていきます。

投手は高木に代わって一條(1年/藤代)。昨日に続いての登板でしたが、安定した投球で3回を無失点に抑えます。

7回には本日絶好調、酒井(健)が3本目のヒットで出塁すると、伊戸(3年/藤島)が高めの球を上手く捉え、右中間を破る二塁打でチャンスを広げます。
さらに酒井(健)は足でも魅せます。相手の暴投を見逃さず、本塁突入。1点を追加します。

酒井(健)

8回には大音(1年/春日部)、9回には堀越(2年/城北埼玉)がマウンドに上がります。
大音は対外試合初登板でしたが、落ち着いた投球で無失点に抑えます。堀越は制球に苦しみ1点を失ったものの、それ以上の失点は許さずゲームセット。
7-2で勝利を収めることができました。

大音

試合後のミーティングでは、隙の無いチームになるための守備や攻撃について意見が多く挙がりました。

代替大会まで約2週間。4年生は特に、4年間の集大成として実力が満足に発揮できるよう、精一杯練習に取り組んでまいります。
これからも応援のほど、よろしくお願い致します。

(3年/マネージャー/志太祥子)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)