OB・OG紹介③ 宮之原健さん

現在、様々な業界で活躍されているOB・OGの方々に大学時代を振り返っていただく「OB・OG紹介」。
今回紹介させていただくのは、H27年度に本学を卒業され、現在、埼玉武蔵ヒートベアーズでキャプテンを務められている宮之原健さんです。

・卒業した学科
B類保健体育専攻(H27年度卒)
・出身高校
日本大学第三高等学校

・現在の職業のその業務内容
・プロ野球選手
プロ野球選手として日々、試合や練習を行う。
地域行事への参加、野球教室への参加。
・地域との連携、地域貢献
野球アカデミー事業で子供達へ野球レッスン実施。

・現役時代の思い出深い出来事
・NPBのプロ野球界で活躍する小川泰弘さん、石川柊太さん、三ツ間卓也さん、田中正義くん、池田隆英くん、生田目翼くんなどの選手と同じ大学リーグの中、高いレベルで対戦できたこと。

・土のグラウンドから人工芝のグラウンドになったこと。
グラウンド改修工事の間、練習する場所の確保や、グラウンドをより良くするためのミーティングや作業をたくさん行ったこと

・打者や投手の二刀流をさせていただいたこと。
1部リーグの舞台で何度も登板させていただき、完投勝利をあげたこと。(150球の熱投でした)

・東京学芸大学硬式野球部での活動が現在活きていると感じること
「自分は今、なにをすること」で所属する組織の中で貢献できるかを冷静に考えることができています。また仲間への思いやりの心を持つことができました。その背景には、学生主体の東京学芸大学硬式野球部の中で、1年半キャプテンをさせていただいたことがあります。当時はチームのことがいつも頭にありました。
「それぞれの選手の良さを引き出すためには」
「勝利するためには」
「成長しあえるチーム作りとは」
監督や選手と本音をぶつけ合って考えていました。

・現役部員へメッセージ
大学4年間は、いかに自分と向き合えるかが大切です。卒業後の自分をイメージしながら、日々の生活を全力で生き抜いてください。私は東京学芸大学の4年間を誇りに思っています。最高の大学です。この大学での時間を大いに楽しみ、そして考えて、チャレンジして成長してください。
私は在学中、授業・練習・学校現場での仕事をバランスよくしていましたが、ひとつひとつが今に繋がっています。学芸大野球部のことを心から応援しています。そして、みなさんといつかご縁があったり、お仕事を一緒にできることを楽しみにしています。

以上となります。
宮之原さんがそうだったように、学生主体の弊部では、部員同士で意見を出し合い組織を創り上げていく必要があります。私たち現役部員も新型コロナウイルスの影響で例年通りの活動ができず、何度も話し合ってチームの方針を決めてきました。宮之原さんのようにそのことを誇りに思えるよう、これからも様々なことに挑戦して参りたいと思います。
ご協力いただいた宮之原さん、ありがとうございました!

また、先日宮之原さんの後援会のウェブサイトが公開されました!そちらもぜひご覧ください。
https://takeru-miyanohara.com/


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)