3/28(日) オープン戦 対全川崎クラブ

こんにちは。本日のオープン戦、対全川崎クラブの試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学芸|000 423|9
川崎|002 00X|2
(雨天により打ち切り)

〈メンバー〉
1.(左)萩原
2.(中→右)市原(4裏)
3.(右)大宮→(打→中)三宅(4表→4裏)
4.(一)伊戸
5.(指)埴田
6.(捕)三谷
7.(三)西脇
8.(二)片寄
9.(遊)佐藤
投.邑澤(4回)→大音(1回)

今季4戦目。東京学芸は先攻でプレイボールを迎えます。

初回。先頭の萩原(新2年/狭山ヶ丘)が相手の投球をセンター前に綺麗に打ち返し出塁すると、2番の市原(新3年/市立川越)が内野安打で続きます。初回からチャンスを作りますが、萩原の走塁死や後続の凡退により先制点とはなりません。

本日の先発は邑澤(新4年/山口)。先日のオープン戦で良いピッチングを見せています。
初回は1つ安打を許すものの動じず、進塁をも許しません。2回には失策や死球が続き不穏な空気が流れますが、要所を締めて無失点に抑えます。

しかし3回。まずは先頭打者を失策で出塁させてしまいます。続く4番の打球はライト方向へ高く上がり、守る大宮(新3年/御殿場南)は果敢に追って飛び込みます。しかし惜しくも届かず、ライト線ギリギリに落下。三塁打となり、これで1点を失います。続く打者には犠牲フライを許し、2点目。
試合は東京学芸が追う展開となります。

続く4回。ここで相手投手の制球が乱れ始めます。四球が続き、走者が溜まったところで暴投。さらに片寄(新3年/磐城)がスクイズを上手く決め、この回一挙4得点を挙げます。

5回も東京学芸の攻撃は勢い付いたまま。
先頭の伊戸(新4年/藤島)が本日2本目のヒットで出塁すると、埴田(新4年/小松)もボールを見極め四球で出塁。続く三谷(新3年/下妻第一)がきっちり送りバントを決めチャンスを広げます。ここでバッターは西脇(新3年/小山台)。期待に応える左中間への2点タイムリーで点差を広げます。

5回からマウンドに上がったのは大音(新2年/春日部)。四球で出塁こそ許したものの、最後は4-6-3の併殺でスリーアウト。流れを引き寄せます。

6回の攻撃が始まる頃から、雲行きが怪しくなります。小雨が降り出し、相手投手は手が滑るのか四球が続きます。ランナーが溜まったところで伊戸にタイムリースリーベースが飛び出し2点。さらに埴田もタイムリーヒットを放ち1点。なおもチャンスが続きますが、雨は本降りとなり試合の続行は困難に。この時点でスコアは9-2でしたが、予報より早く降り始めた雨に遮られ、打ち切りとなりました。

今週から活動が再開され、オープン戦を4試合こなしました。リーグ戦までのオープン戦は残り約半分となり、また、リーグ戦初戦までは約2週間と時間も迫っています。残された時間を大切に、噛み締めながら練習や試合に取り組んで参りたいと思います。また、3/31(水)には今季初のB戦も予定されています。今季まだ出場のない選手も出場する予定ですので、そちらの試合報告もぜひご覧ください。

(新4年/マネージャー/志太祥子)

☆次の試合
【対戦相手】BBCスカイホークス
【対戦日時】3/31(水) 10:30PB
【試合会場】綾瀬スポーツ公園
※試合観戦が可能です。感染防止対策とソーシャルディスタンスの確保をした上でご観戦いただければ幸いです。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)