部員紹介No.12 横山達也

皆さん、こんにちは!学芸大ホームページをご覧頂きありがとうございます。これからも更新を重ねて参りますので、よろしくお願いします!

部員紹介も12人目になります。4年生・学生コーチの横山達也。

2年秋から学生コーチとなり、チームを支えている。選手時代のポジションはファースト。練習を一切妥協することなく、自分に厳しい人であった。学生コーチになっても、その姿勢は変わらない。チームの責任を負い、常にチームのことを考え、苦しい状況にも堂々と立ち向かって困難を切り抜けてきた。そんな彼に対するチーム信頼は厚い。

兵庫県出身で、野球部でも数少ない関西弁を飛ばす。「このダボ!」は集中力を欠く選手に飛ぶ彼からのお決まり言葉である。そして、ニット帽をかぶると、なんとあのジェノム・レ・バンナのそっくりさんになる(笑)。関西弁には誇りを持っているらしく、東京に住んでいても、呑まれることはないようだ。

大学では国語科を専攻しており、国語に対する思いも厚い。語らせたら何時間でも話しができるだろう。読書が趣味ということもあり、小説などもさながら、野球の本も熱心に読み、とても勉強家でもある。

とにかく、熱い男、横山達也。リーグ戦が終盤に差し掛かっても、彼の火は消えることはない。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)