-OPEN戦 vs国際武道大学-

 まだ少し寒さが残る中、本日は卒業式が行われました。
野球部を卒部した4年生も無事に卒業式を迎え、新たな進路への旅立ちの日となりました。4年間の大学生活を終え、充実感に漲る表情がとても印象的でした。

 さて、本日は国際武道大学とのオープン戦が行われましたので、結果をご報告させて頂きます。

 対国際武道大学 国際武道大学野球場

 学芸 100 000 100 2
 武大 200 010 00? 3

 ▼バッテリー
 小泉、加藤、木村-次郎丸

 ▼二塁打
 渡部(3年:相馬)

 
 学芸は初回、四球などで二死一・二塁のチャンスをつくると、4番松下(4年:七尾)がレフト前にタイムリーを放ち、一点を先制。一方で、先発小泉(4年:前橋)は立ち上がり制球に苦しみ、四球でランナーがたまったところを相手打線に痛打され、2点を奪われ逆転を許してしまいます。その後はランナーを出しながらも要所を締め四回まで0点に抑えました。
五回からは、加藤(2年:安房)が登板し、1点を失いますが、粘り強い投球で流れを引き寄せます。
 その流れの中で、一回以降沈黙していた打線が息を吹き返し、七回に先頭の渡部(3年:相馬)が二塁打で出塁すると、続く増田(4年:高田)もヒットでつなぎます。河村(4年:青森)の打球が相手のエラーを誘い、1点を返しました。
 7回からは木村が登板し、四者連続三振を奪うなど相手を寄せつけない投球を見せます。しかし、打線が投手陣の粘りの投球に応えられず、一点差での惜敗となりました。

 ここ数日、勝ちきれない試合が続いていますが、これまでやってきたことを信じ、またリーグ戦をしっかりと見据えて、日々取り組んでいきたいと思います。

【次回の試合】
 日時:3月21日(日) 13時試合開始
 対戦相手:つくばクラブ
 場所:東光台運動公園野球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)