-春季リーグ戦vs東京国際大(2)-

 穏やかな陽気のもと、本日も試合が行われました。
以下に試合結果をご報告させて頂きます。

 第2週第2日第2試合 対東京国際大学(2) 
                -県営大宮公園野球場-
                   

 国際 000 410 000 5
 学芸 000 000 210 3

 ▼バッテリー
  小泉(4回)柴田(1・1/3回)加藤(3・2/3回)-次郎丸

 ▼三塁打
  小嶋(4年:柏崎)

1(右)河村 (4年:青森)
2(三)田部井(4年:太田)
3(一)尾形 (2年:八戸)
4(中左)松下(4年:七尾)
 (打)小嶋 (4年:柏崎)
 (左)佐藤 (4年:延岡)
 (打)今村 (2年:錦江湾)
5(指)久保 (4年:八戸)
 (打指)工藤(2年:船橋)
6(遊)稲葉 (4年:青森)
7(左)渡部 (3年:相馬)
 (打中)真崎(3年:佐賀北)
8(捕)次郎丸(4年:三池)
9(二)増田 (4年:高田)
 (投)小泉 (4年:前橋)
    柴田 (4年:日野)
    加藤 (2年:安房)

 絶対に落とすことのできないこの試合。
先発したのは4年目のシーズンを迎える小泉でした。先頭打者にヒットを許し、攻め込まれるも、守備陣の好プレーに助けられピンチを逃れます。二・三回にもピンチを招きますが、ここでも内野手の堅実な守備が光りました。
 何とか流れにのりたい攻撃陣でしたが、相手投手の好投に阻まれ六回まで1安打に抑えられてしまいます。
 攻撃陣の反撃を信じ、粘る小泉でしたが、試合が動いたのは四回表。一死をとった直後、次打者に長打を許すと、四球や長打が続き一挙4失点。やっとの思いでチェンジとし、五回から柴田にマウンドを託します。
 柴田は、順調に二死をとったものの、突如ペースを乱し、死四球や長打で1失点。六回途中からは、リーグ戦初登板となる加藤がマウンドに上がり、粘りの投球を見せます。そんな彼を援護すべく、4年生中心の内野手陣も堅実な守備で必死に加藤を援護しました。
 そして、またも試合が大きく動いたのは七回裏。加藤の投球に後押しされるように、打撃陣が目を覚まします。3番尾形が死球で出塁すると、代打で出場した小嶋が左翼への大きな当たりを放ち、尾形が生還。まずは1点を返し、反撃の口火を切ります。続く工藤が右翼への犠飛を放ち小嶋が生還。小嶋は、代打出場で二塁打・タッチアップでの激走にと、4年生の意地を感じた瞬間でした。
 八回には、先頭の真崎が左翼へのヒットで出塁し、次郎丸が犠打で一死二塁とすると、河村の打球が相手の失策を誘い、その間に真崎が生還。続く田部井が粘って四球で出塁し、二死満塁に・・・。一気に逆転・・・と誰もが信じていましたが、尾形が右翼飛に倒れ攻撃終了。
 九回も好守から攻撃につなぎ反撃を・・・と願ったものの、得点出来ぬまま試合終了。

 この試合に負けてしまいましたので、このカードは2敗となり、勝ち点をとることが出来ませんでした。

 先制されても諦めず、最後の最後まで粘りを見せてくれましたが、悔しすぎる2連敗となりました。

 このカードでは勝ち点を落としてしまいましたが、まだリーグ戦は始まったばかりです。今までやってきたことを信じ、また自分たちを信じ、これからも戦い続けていきたと思います。
 
 「もう、悔しい表情はみたくない・・・」強くそう思います。
次こそは、球場いっぱいに笑顔が輝きますように・・・。

 この二日間を通し、多くの皆様が球場に足を運んで下さったこと、心より感謝申し上げます。皆様の温かいご声援が選手たちの力となりました。
 そんな皆様のご期待に添うべく、次回こそ、勝ち点をとりにいきます!!引き続き、温かなご声援を宜しくお願い致します。

 【次回の試合】
  日時:4月17日(土)13時30分試合開始予定
  対戦相手:杏林大学
  場所:岩槻川通公園野球場(後攻 1塁側)

( 4年/マネージャー/石山 加織 )

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)