-新人戦を終えて・・・-

 みなさん、こんばんは!!

 今日は本当に蒸し暑い一日でしたね・・・。
グランドで練習に励む選手たちも、水を浴びたかのような汗をかきながらも、懸命に練習に打ち込んでいました。
 
 全体でのトレーニングも行われましたが、この気候でのトレーニングはかなり体力を消耗します。
それでも必死に、そしてひたむきに取り組む姿がありました。

 梅雨を象徴するかのような、このじめじめとした気候はしばらく続きそうですが、ここを乗り切り、ひと回りもふた回りも成長して欲しいと思います。

 さて、先週末には新人戦が行われました。
ブログや速報にて結果をご覧いただいた方もいると思いますが、惜しくも準決勝敗退・・・。
 初戦は劇的なサヨナラ勝ちで勢いをつけたかに思われましたが、準決勝で12-3と7回コールド負けでした。
 1・2年生の選手たちは、接戦をものにして勝利を掴み取る喜びと、大敗を喫する悔しさの両方を味わいました。
この経験を糧に、リーグ戦ではチームの一戦力となるべく、より一層努力を重ねて欲しいと思います。
 
 『練習は嘘をつかない』 この言葉に象徴されるように、やはり日々の練習が全ての基本ですね!!

 それではここで、新人戦の初戦(vs高千穂大学)でサヨナラ打を放った三塁手の川島(1年:市立浦和)をご覧下さい!!
       
        1年・川島

 アナウンスを担当していた私は、同点で迎えた最終回、彼が決めてくれそうな予感を抱きながら見守っていました・・・。
 
 今後もこの勝負強さを武器に、攻守ともに磨きをかけ、成長して欲しいと思います!!

( 4年/マネージャー/石山 加織 )


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)