秋季リーグ戦 対高千穂大学2回戦

本日行われましたリーグ戦の結果を報告させていただきます。

対高千穂大学(飯能市民球場)

高千穂000 002 000 2

学 芸010 000 000 1

小泉-次郎丸

二塁打:増田

1(右)河村
2(遊)増田
3(左)渡部
4(捕)次郎丸
5(一)尾形
6(三)田部井
7(指)今村
8(中)真崎
9(二)宮田

学芸の先発は小泉。三回までに五つの三振を奪うなど、安定した投球で高千穂打線を抑えていきます。学芸打線は二回、次郎丸、尾形のヒットで無死一・二塁とすると、田部井の送りバントを相手野手が一塁へ悪送球し、その間に次郎丸が生還し一点を先制します。五回まで相手打線を無失点に抑えていた小泉でしたが、六回に二死からヒットと味方エラーで一・三塁のピンチを招くと、ライトへタイムリーを打たれ同点とされてしまいます。さらにフィルダースチョイスなどで満塁となり、ここでもヒットを打たれ一気に逆転を許してしまいます。その裏、先頭の増田がライトオーバーの二塁打を放ちチャンスを作ります。しかし、続く打者が打ち取られ同点のチャンスを逃してしまいます。七回にも、田部井、今村の二連打で無死一・二塁のチャンスを作りますが、真崎が送りバントを失敗、さらに自らもアウトになってしまい、二死二塁となってしまいます。なんとかして一本が欲しい場面でしたが、宮田も三振に倒れてしまい絶好のチャンスが無得点に終わります。小泉は失点した後も粘り強い投球を続けていましたが、打線が小泉の好投に応えることができず、逆転負けとなりました。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)