秋季リーグ戦 対東京国際大学1回戦

こんばんは。
夜分遅くの更新となってしまい、申し訳ございません。

さて、本日行われました東京国際大学1回戦の試合結果をご報告させて頂きます。

第7週第1日第2試合 大田スタジアム

学芸大 100 000 024 7
国際大 000 010 000 1

▼バッテリー
 木村-次郎丸

▼本塁打
 次郎丸(4年:三池)

▼三塁打
 真崎(3年:佐賀北)

 1(右)河村 (4年:青森)
 2(遊)増田 (4年:高田)
 3(左)渡部 (3年:相馬)
 4(捕)次郎丸(4年:三池)
 5(一)尾形 (2年:八戸)
 6(指)今村 (2年:錦江湾)
 7(三)田部井(4年:太田)
 8(中)真崎 (3年:佐賀北)
 9(二)宮田 (2年:延岡)
  (打)工藤 (2年:船橋)
  (走)大平 (2年:弘前)
  (二)伊藤知(4年:仙台第一)
  (投)木村 (3年:金沢泉丘)

 初回、先頭の河村が相手の失策で出塁します。続く2番増田が三振に倒れるも、河村は盗塁成功で一死二塁とチャンスを広げます。続く3番渡部が左翼への安打を放ち一死一三塁。このチャンスに打席に立ったのは4番次郎丸。二塁手へのゴロの間に河村が生還し、貴重な先制点を奪います。
 一方で、先発木村は、初回を3人できっちりと抑える順調な立ち上がりをみせますが、2回裏に四球と安打で無死満塁と最大のピンチを迎えます。
しかし、木村は、後続を二者連続三振と左翼飛に打ち取り、力強い投球でピンチを切り抜けました。
 そんな木村の好投に応えたい打線ですが、2回以降得点することが出来ません。そして5回裏、二死をとったものの、二塁打二本を放たれ同点にされてしまいます。
 しかし、今日の木村はここからが違いました!!出塁を許すも後続をきっちりと絶ち、追加点を許しません。

 そして、再び試合が動いたのは8回でした。

二死から3番渡部が左翼への安打を放つと、続く打者は4番次郎丸。その初球・・・。
快音と共に打球は左翼手の頭上を越え、そのままスタンドへ・・・勝ち越し2点本塁打です!!
4番として、4年生として、そして頼れる女房役として、勝利を呼び込む一打となりました。
 その後、9回表には先頭の田部井が死球で出塁すると、主将真崎の三塁打で追加点。続く代打・工藤、一番河村が共に右翼への安打を放ち、5番尾形も左翼への安打を放つなど、この回一挙4得点。
 そして、9回裏も木村がきっちりと抑え7-1で試合終了となりました。

まずは、先勝!!
久しぶりの白星は、心の底から嬉しいです。この粘りと勢いで、何としても勝ち点を獲りにいきます!!

この試合は、同点に追いつかれ、終盤で勝ち越し・・・と、ハラハラの連続ではありましたが、学大野球部らしい粘りをみせてくれました。

本日、球場に足を運んで下さり、温かなご声援を下さった皆様、本当にありがとうございました。
明日は、今日よりも更に気持ちを高め、チーム一丸となって戦いたいと思いますので、引き続き、たくさんのご声援を宜しくお願い致します。
球場でお待ちしております。

( 4年/マネージャー/石山 加織 )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【明日の試合】
日時:10月17日(日) 10時30分試合開始予定
対戦:東京国際大学2回戦
場所:大田スタジアム


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)