春季リーグ戦 対流通経済大学2回戦

本日行われましたリーグ戦の結果を報告いたします。

対流通経済大学(岩槻やまぶきスタジアム)

流経 013 000 113 9
学芸 000 002 000 2

バッテリー:阿部(2回2/3)、加藤-工藤、古川

1(左)渡部
2(遊)尾形
3(指)川島 
4(捕)工藤
 (守)古川(1年 東京:東海大高輪台高)
5(右)今村
6(一)今
 (打)佐田
7(三)杉町
 (打)小川
8(中)真崎
 (打)平田
9(ニ)宮田
 
二塁打:今村

学芸先発は一年生阿部。リーグ戦初登板となります。
その阿部は2回、先頭を四球で出すと、続く打者にライト前ヒットを浴び、無死一、三塁のピンチを迎えます。
ここで次打者を併殺打に打ち取る間に、1点を先制されます。

続く3回、先頭打者にヒットで出塁を許すと、ここから盗塁、さらにヒット4本を集められ3点を失い、マウンドを加藤に譲ります。マウンドに上がった加藤は、満塁のピンチを無失点で切り抜けます。

4点を追う学芸は6回、二死から尾形が四球で出塁すると、続く川島が安打で続き、工藤も四球、二死ながら満塁のチャンスを作ります。
ここで打席にはこのリーグ勝負強さを見せている今村。3球目をとらえた打球はレフトへのタイムリーとなり、2点を返します。

しかし7回、相手先頭打者にヒットで出塁を許すと、送りバントで一死ニ塁。
ここでセンターへタイムリーを許し、1点を追加されます。
続く8回、9回も連続して失点を許し、力及ばず2-9で敗戦となりました。

この2試合はバッテリーを中心に力不足を露呈する結果となってしまいました。
短い期間でありますがしっかりと調整をし、続く東京国際大戦に臨みたいと思います。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です