春季リーグ戦 対東京国際大学1回戦

本日行われましたリーグ戦の結果を報告いたします。

対東京国際大学(岩槻やまぶきスタジアム)

学芸 300 000 000 1 4
国際 001 010 010 0 3

バッテリー:木村-工藤

1(左)渡部
2(一)今
3(遊)尾形 
4(捕)工藤
5(指)川島
6(右)今村
7(三)杉町
8(中)真崎
9(ニ)宮田
 
学芸は初回、今日2番に入った今がセンターへのヒット。その後尾形のヒット、工藤の四球で一死満塁のチャンスが生まれます。ここで川島がレフトへのタイムリー。1点を先制します。
さらに杉町、真崎にもタイムリーが生まれ、初回3点のリードを奪います。

学芸先発は木村。3回、四球で出したランナーをパスボールの間に返され、1点を奪われます。
さらに5回、先頭打者に二塁打を許しピンチを迎えると、その後センターへタイムリーを打たれ1点を追加されます。

木村を援護したい打線ですが、2回以降相手投手の変化球を交えたピッチングの前になかなかチャンスを作れず、追加点を奪えません。

すると8回、学芸はエラー、四球などで一死満塁のピンチを迎えると、ここで押し出し、同点に追いつかれます。
しかしその後のピンチは木村が粘りのピッチングで追加点を許しません。

10回、学芸先頭の真崎がレフトへ今日2本目となるヒットで出塁。
宮田の打席でバッテリーエラー、この間に2塁へ進むと、宮田も四球で無死一、二塁。
ここで渡部がきっちりバントを決め、一死ニ、三塁と勝ち越しのチャンスを迎えます。
続く今が歩かされ、一死満塁でバッターは尾形。
追いこまれるもレフトへ犠牲フライを放ち、貴重な1点を奪います。

その裏は木村がヒットを許すも後続を断ち、4-3で勝利しました。

木村は四死球などでランナーは出すものの、勝負どころで相手打線を封じ、終わってみれば被安打は3、見事な粘りのピッチングで勝利を呼び込みました。

<明日の試合予定>
対東京国際大学2回戦(岩槻やまぶきスタジアム)
13時30分試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)