新人戦 対東京国際大学

本日行われました、新人戦の結果を報告致します。

対東京国際大学(県営大宮球場)

学芸   000 000 000   0
国際   300 300 00x   6

バッテリー:福田(4回)、池田(2回2/3)、原(1回1/3)ー古川

1(三)久世
2(二)井上
3(指)佃
4(右)中村(恭)
5(左)加藤(陽)
  (打)青木
  (中)村松
6(一)今
7(左)安藤
8(捕)古川
9(中→左)山崎
  (打)金田

学芸の先発は福田。初回、味方のエラーでランナーを出すと四死球と二本のタイムリーでこの回三点を失います。

学芸はその裏、先頭の久世が出塁すると続く井上は死球で無死一、二塁のチャンス。しかし、後が続かず点を奪えません。

四回には、相手に二つの四球を与えると、一死からタイムリーツーベース、さらにヒットで一、三塁のピンチ。内野ゴロの間にランナーが生還しこの回三点を奪われます。
一方の学芸打線は相手ピッチャーを攻略できず、無得点。そのまま試合終了、敗戦となりました。

本日をもちまして、新人戦が終わり、秋の公式戦の全日程が終了致しました。秋季リーグ、入れ替え戦に引き続き、学芸大硬式野球部へのご声援、心より感謝致します。ありがとうございました!

明日から約一週間のオフ期間に入り、その後来春に向けスタートする予定です。秋季リーグ、新人戦の反省を踏まえ、来春のリーグ戦を勝ち抜くため日々練習に励んでいきたいと思います。

今後とも東京学芸大学硬式野球部へのご声援、よろしくお願い致します。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)