国公立戦 vs東京工業大学

更新が遅くなり、申し訳ありません。

昨日行われました、国公立戦の結果をお知らせ致します。

対東京工業大学(一橋大学)

学芸  000 020 101 3    7
東工  000 112 000 2    6

バッテリー:原(4回)、北原(6回)ー安部

学芸の先発は原。初回からランナーを出しますが、後続を抑え、三回まで点を与えません。
しかし四回、先頭バッターにエラーで出塁されると、送りバントでランナー二塁のピンチ。ここでセンターオーバーの三塁打を打たれ、一点を失います。

一方の学芸は五回。一死から宮之原が死球で出塁すると、金田がレフト線への二塁打で二、三塁のチャンス。ここで中村(三)がライト線を破る三塁打!逆転に成功します!

五回からマウンドに登るのは北原。先頭バッターを振り逃げで出すと送りバントでランナー二塁。ここでセンター前ヒットを許し、同点に追いつかれます。さらに六回。エラーでランナーを出塁させると、二死から四球、二塁打を浴び、逆転を許します。

なんとか反撃したい学芸は七回。古川、宮之原の連打で二、三塁とすると、金田の犠牲フライで一点差に詰め寄ります。

九回には、先頭の宮之原が内野安打で出塁すると、二死二塁から安藤のセンター前ヒットで同点に追いつき、延長戦に突入します。

十回には先頭の龍池がライトへの二塁打で出塁すると、古川、宮之原の連打で二得点。さらに、一死二、三塁から安藤の犠牲フライでこの回三点を奪います。

最終回には連打と四球で二点を返されますが、7-6で勝利しました。

昨日をもちまして、国公立戦の全日程が終了致しました。国公立戦優勝という結果でしたが、課題の多く残る試合でした。明日から三・四年生が合流し、チーム全体で秋リーグに向けて始動します。今リーグの課題を克服すべく、日々練習に取り組んでいきたいと思います。

温かいご声援ありがとうございました!


1件のコメント

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です