秋季リーグ戦 対東京国際大学[1]

こんばんは
待ちにまった秋季リーグ戦が開幕致しました!
試合結果をご報告させて頂きます。

第1週第1日第1回戦第2試合
対東京国際大学(大田スタジアム)

学芸大 000 000 000 0 
国際大 000 100 00X 1

▼バッテリー
阿部―古川

1 [三] 安部(1年:山形中央)
2 [中] 山崎(3年:盛岡第一)
  [打] 村松(2年:川越)
3 [遊] 尾形(4年:八戸)
4 [一] 金田(2年:八戸工業大学第二)
5 [指] 橋本(1年:前橋南)
  [打] 工藤(4年:県立船橋)
6 [右] 宮之原(1年:日本大学第三)
7 [左] 中村三四郎(2年:春日部東)
  [打] 中村恭吾(3年:金沢西)
8 [捕] 古川(2年:東海大高輪台)
9 [二] 玉井(2年:長野)

学芸は初回、先頭打者の安部が変化球をセンター前に弾き返し出塁しますが、後続を内野ゴロに打ち取られ無得点に終わります。

学芸の先発は阿部。先頭打者に右中間への二塁打を許し送りバントで三塁まで進塁されますが、後続を抑え初回のピンチを切り抜けます。さらに三回、先頭打者にライト前ヒットを許しますが、捕手古川の好送球でこの回もピンチの芽を摘みます。

試合が動いたのは四回。先頭打者に右中間を破る二塁打を許すと、四球と送りバントで一死二・三塁のピンチ。内野ゴロの間に得点され1点を失います。しかし続く五・六・七回を三者凡退に抑える好投を見せ、相手打線を封じます。

一方の学芸は、相手投手の前になかなかランナーを出すことが出来ず、五回までに8三振を奪われます。六回、一死から古川が変化球を見極め四球で出塁し、玉井の内野ゴロの間に二塁に進みますが、チャンスをものにすることができません。七・八回を三者凡退に打ち取られ迎えた最終回。先頭の古川が右中間へのヒットで出塁しチャンスを作りますが、牽制でアウトになります。二死から安部が相手のエラーを誘い出塁するものの、盗塁を阻止され、ゲームセット。阿部の力投を援護することができず1-0で敗戦となりました。

お互い譲らない投手戦でしたが、学芸は相手のバッテリーに上手くかわされ、得点することが出来ませんでした。本日負けてしまったことは残念ですが、明日こそ勝利のご報告ができますよう部員一同頑張りたいと思います!平日であったにも関わらず、多くの方々が球場に足を運んでくださいました。暑い中スタンドで応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

【開会式の様子】
DSCN0399

DSCN0401

<明日の試合予定>

対東京国際大学(大田スタジアム)
第1試合 10時30分試合開始予定
※学芸は1塁側後攻です※

応援よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/金山 千尋)


2件のコメント

  1. ありがとうございます
    こうしてコメントを頂けるととても嬉しいです(^^)
    今後も学芸野球部をよろしくお願い致します。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)