秋季リーグ戦 対東京国際大学[2]

本日行われました東京国際大学との試合結果をご報告させて頂きます。

第1週第2日第2回戦第1試合
対東京国際大学(大田スタジアム)

国際大 230 201 2 10
学芸大 010 000 0 1
(7回コールドゲーム)

▼バッテリー
楡木(3回1/3)、北原(3回2/3)―古川

▼二塁打
山崎(3年:盛岡第一)

1 [三] 安部(1年:山形中央)
2 [左] 村松(2年:川越)
3 [遊] 尾形(4年:八戸)
4 [指] 金田(2年:八戸工業大学第二)
5 [一] 工藤(4年:県立船橋)
6 [右] 宮之原(1年:日本大学第三)
7 [中] 山崎(3年:盛岡第一)
8 [捕] 古川(2年:東海大高輪台)
9 [二] 玉井(2年:長野)
  [打] 加藤(3年:川越東)

学芸の先発は楡木。先頭打者に四球を与えると、送りバントの間に進塁され一死二塁のピンチ。一つアウトを取った後四球を許し、二死一・二塁とします。ここでレフトへの連打を浴び、2点を失います。二回、この回も制球に苦しみ二死二・三塁とすると、続く打者に左中間を破られ追加点を許します。さらに、ショートへの内野安打とセンター前ヒットで得点を奪われ、3点を失います。

点差を縮めたい学芸は二回、先頭打者の金田がレフト前ヒットで出塁すると、工藤が相手のエラーを誘い無死一・三塁のチャンス!一死から山崎が左中間に弾き返し、得点に成功します!

四回、先頭打者に内野安打で出塁され、続く打者を内野フライに打ち取ると、ここで楡木はリーグ戦初登板の北原(1年:法政大学)にマウンドを託します。代わった北原はヒットと四球で一死満塁のピンチを迎えます。なんとか切り抜けたい学芸でしたが、守備が乱れこの回2点を追加されます。

その裏、一死から宮之原がレフト前ヒットで出塁し盗塁を決め、続く山崎の内野ゴロの間に三塁に進み、一死三塁のチャンスを作ります!しかし決定打が出ず得点に繋げることができません。

五回を三者凡退に打ち取り、一気に流れを引き寄せたい学芸でしたが、六回、一死からレフト前ヒットで出塁され盗塁を許すと、ヒットと四球で一死満塁のピンチ。続く打者のタイムリーヒットで1点を失います。七回、先頭打者に四球を許すと、ヒットと送りバントで一死二・三塁とされます。一つアウトを取った後、ライトオーバーの二塁打を放たれ、さらに点差が広がります。

9点差で迎えた七回裏、二死から村松がヒットで出塁しますが、反撃もここまで。7回コールド10-1で敗戦となりました。

本日も、ホームベースが遠く感じる試合展開でした。苦しそうな選手の表情を見ると、心が痛みます。応援してくださっていた皆様も、もどかしい思いをされたのではないでしょうか…。しかし、リーグ戦はまだまだ始まったばかりです今までやってきたことに自信を持ちつつも、結果は謙虚に受け止め、残りのリーグ戦を戦っていきたいと思います。

【試合の様子】
DSCN0459DSCN0470

DSCN0467DSCN0482

DSCN0486DSCN0506

【第2週の予定】
対杏林大学(龍ヶ崎市民球場)
9月15日() 10:30試合開始予定(※3塁側先攻)
9月16日() 13:30試合開始予定(※1塁側後攻)

引き続き応援よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/金山 千尋)


2件のコメント

  1. コメントありがとうございます(^^)*
    応援してくださっている皆様に
    嬉しいご報告ができますよう
    練習に励みたいと思います
    今後とも温かいご声援を宜しくお願い致します。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)