秋季リーグ戦 対杏林大学[1]

本日は杏林大学と試合が行われました。試合結果をご報告させて頂きます。

第2週第1日第1回戦第1試合
対杏林大学(龍ヶ崎市民球場)

学芸大 000 000 0 0
杏林大 006 003 X 9 
(7回コールドゲーム)

▼バッテリー
阿部―古川

1 [三] 安部(1年:山形中央)
2 [左] 中村三四郎(2年:春日部東)
3 [遊] 尾形(4年:八戸)
  [遊] 井上(3年:柏崎)
4 [指] 金田(2年:八戸工業大学第二)
5 [一] 工藤(4年:県立船橋)
6 [中] 山崎(3年:盛岡第一)
7 [右] 宮之原(1年:日本大学第三)
8 [捕] 古川(2年:東海大高輪台)
9 [二] 玉井(2年:長野)

学芸の先発は阿部。初回、味方のエラーが続き一死二・三塁のピンチを迎えます。続く打者がライトへ飛球を放ち、この間にランナーがタッチアップしますが、右翼手宮之原の好返球と捕手古川の好守によって相手に先制点を許しません。

学芸は二回、一死から工藤が内野安打で出塁しますが、続く打者が二者連続三振に倒れます。続く三回、玉井がレフト前ヒットを放ち一死一塁としますが盗塁を阻止され、この回も得点に繋げることができません。

しかしその裏、一死からライト前ヒットを許すと、内野ゴロと内野安打で二死一・三塁とされます。ここで守備が乱れ先制点を奪われます。四球と内野安打で追加点を許し、なおも二死満塁のピンチ。制球に苦しみ2点を失います。さらに、続く打者のライト戦へのヒットでランナーを返され、この回一挙に6失点...

なんとか反撃したい学芸ですが、四・五・六回を三者凡退に打ち取られ得点を奪うことができません。

六回、一死から四球で出塁され盗塁を決められると、続く打者のタイムリーで1点を失います。さらにエラーで出塁を許し、一死一・二塁のピンチ。ここで、ライトへの二塁打を浴び、追加点を奪われます。

最終回、先頭の井上が四球を選ぶと、工藤がセンター前ヒット、宮之原が内野安打で繋ぎ、二死満塁のチャンスを作りますが無得点に終わり、7回コールド9-0で敗戦となりました。

残暑厳しい中での試合となりました。苦しい試合展開の中、声を一つに一生懸命戦っていました。大差でリードされても変わらないベンチの声、チャンスの場面での盛り上がり等、最後まで諦めない姿勢が結果として表れる時が必ず来ると信じています。本日このような形で負けてしまったことは残念でしたが、明日こそは勝利し、三戦目に繋げていきたいと思います

<明日の試合予定>

対杏林大学(龍ヶ崎市民球場)
第2試合 13時30分試合開始予定
※学芸は1塁側後攻です※

遠方での試合ではありますが、ご都合がつく方はぜひ会場へお越しください。応援よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/金山 千尋)


4件のコメント

  1. お疲れ様でした。
    明日勝って三戦目につなげてください!!
    頑張れ!学芸大\(^-^)/

  2. ありがとうございます
    苦しい試合展開となってしまいました。今日の反省を、明日の試合に繋げたいと思います。
    今日はむし暑い中応援ありがとうございました。これからも学芸野球部をよろしくお願い致します。

  3. いつも応援してくださって本当にありがとうございます。
    温かいご声援が、選手の、そしてチームの力となっていることを毎試合実感しております。結果で恩返しすることができますよう、明日の試合も頑張ります

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)