秋季リーグ戦 対共栄大学[2]

こんばんは。
本日行われました試合の結果をご報告させて頂きます。

第4週第2日第2回戦第2試合
対共栄大学(岩槻川通球場)

共栄大 000 000 200 2
学芸大 100 000 000 1

▼バッテリー
北原―古川

▼二塁打
工藤(4年:県立船橋)

1 [三] 安部(1年:山形中央)
2 [左] 尾形(4年:八戸)
3 [一] 工藤(4年:県立船橋)
4 [指] 金田(2年:八戸工業大学第二)
5 [右] 宮之原(1年:日本大学第三)
6 [二] 玉井(2年:長野)
  [打→二] 日比(1年:桐蔭学園)
7 [中] 山崎(4年:盛岡第一)
8 [捕] 古川(2年:東海大高輪台)
  [打] 中村恭吾(3年:金沢西)
9 [遊] 宮田(4年:延岡)

学芸は初回、二死から工藤がレフト線への二塁打を放ちチャンスを作ると、続く金田のセンターへの打球が相手のエラーを誘い、先制点を奪います!

学芸の先発は北原。初回を三者凡退に打ち取ると、二回以降も要所を抑えるピッチングで相手打線に得点を許しません。

四回、二死から金田が内野安打で出塁すると、続く宮之原と日比が四球を選び二死満塁のチャンス!しかし追加点を奪うことができません。

七回、先頭打者にレフト線への二塁打を許すと、犠打エラーの間に同点に追いつかれます。さらに、続く打者の送りバントで一死三塁のピンチ。スクイズを決められ、逆転を許します。

なんとか反撃したい学芸はその裏、二死から山崎がセンター前に弾き返すと、続く古川と宮田が四球を選び二死満塁のチャンスとしますが、得点に繋げることができません。

北原は八回と九回を三者凡退に打ち取る好投を見せますが、反撃及ばず2-1で敗戦となりました。

本日負けてしまったことで、残す試合は1戦も落とせない状況となりました。これまでの4カードを戦う中で、相手のチームから学ぶことや見習っていかなければいけない点は多く見つかりましたが、ピンチの時の声掛け、ベンチからの声援、またベンチに戻ってくる選手への声掛けなど、学芸野球部の「声」や雰囲気は強みであると思います。残り1カードとなりましたが、これまでの敗戦により生まれた課題を克服し、全員で、勝ちにいきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願い致します。

本日も応援に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

【試合の様子】

DSCN0965DSCN0976

DSCN0998DSCN1002

【OP戦の予定】
10月7日() 11:00- 鶴見大学

【第6週の予定】
対流通経済大学(岩槻川通球場)
10月13日() 13:30試合開始予定(※3塁側先攻)
10月14日() 10:30試合開始予定(※1塁側後攻)

大きな台風が接近しておりますので、十分お気を付けください。

(2年/マネージャー/金山 千尋)


2件のコメント

  1. コメントありがとうございます。
    敗戦が続き苦しい状況ではありますが
    チーム一丸となり頑張りますので
    引き続き応援よろしくお願い致します。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)