秋季入替戦 対高千穂大学[2]

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。本日行われました高千穂大学との試合の詳細をご報告させて頂きます。

第2日第2回戦
対高千穂大学(共栄大学グラウンド)

学芸大 000 010 200 3
高千穂 100 200 10X 4

▼バッテリー
北原(5回)、楡木(3回)―古川

▼二塁打
安部(1年:山形中央)[5回・7回]

1 [三] 安部(1年:山形中央)
2 [二] 日比(1年:桐蔭学園)
3 [一] 工藤(4年:県立船橋)
4 [指] 金田(2年:八戸工業大学第二)
5 [左] 尾形(4年:八戸)
6 [中] 山崎(3年:盛岡第一)
  [打] 今(3年:青森)
  [中] 村松(2年:川越)
  [打] 青木(2年:三条)
  [走] 佃(2年:国学院久我山)
  [中] 中村恭吾(3年:金沢西)
7 [右] 中村三四郎(2年:春日部東)
  [打→右] 宮之原(1年:日本大学第三)
8 [捕] 古川(2年:東海大高輪台)
9 [遊] 玉井(2年:長野)

学芸の先発は北原。一死から四球を許すと、守備が乱れピンチを迎えます。一つアウトを取った後、続く打者にライトへのタイムリーを許し、先制点を奪われます。

二回、先頭の金田がライト前ヒットで出塁しますが、無得点に終わります。二回裏、二者連続四球を許し、送りバントで一死二・三塁とされますが、後続を抑え得点を与えません。

四回、二死から金田が左中間へのヒットで出塁し、続く尾形が四球を選び二死一・二塁としますが、チャンスをものにすることが出来ません。四回裏、一死から四球を許し、内野ゴロの間に進塁され、続く打者にも四球で出塁されます。二死一・二塁。ここでダブルスチールを決められ、レフト線へのタイムリーヒットで2点を失います。

なんとか反撃したい学芸は五回、一死から古川が四球を選び出塁します。一つアウトを取られた後、続く安部がライトへの二塁打を放ち、1点を返します!五回裏、先頭打者に四球を許すと、二死から盗塁を決められますが、捕手古川の攻守でピンチの芽を摘みます。

六回からマウンドに上った楡木は、制球に苦しみランナーは出すものの、要所を抑え追加点を許しません。

七回、一死から代打の宮之原が相手のエラーを誘い出塁すると、古川がレフト前に弾き返しチャンスを作ります!一つアウトを取られてから、続く安部が本日二本目となるライトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放ち、同点に追いつきます!!しかしその裏、先頭打者にセンター前ヒットで出塁され送りバントで一死二塁とされます。ここで牽制球が逸れ、三塁に進塁を許すと、続く打者の犠牲フライで追加点を奪われます。

八回、二死から尾形と代打の青木が四球を選びチャンスとしますが、あと一本が出ず得点することが出来ません。九回、先頭打者の古川が死球で出塁しますが(昨日から8打席連続出塁です!)、得点に繋げることが出来ず、4-3で敗戦となりました。

一つ一つのプレー、声掛け、ベンチの様子、応援の声、そのすべてから、「勝ち」に対する強い気持ちは伝わってきます。泣いても笑っても、明日の試合が4年生と出来る最後の試合となります。秋季リーグ戦開幕から、数えきれないほどの悔しい想いをしてきました。明日は何度も見てきた選手の悔しそうな表情や涙が笑顔になるよう、最後まで全力でサポートしていきたいと思います。選手の皆さん、今日もお疲れ様でした!ゆっくり休んで、明日に備えてください

本日もたくさんの方々が応援に駆け付けてくださいました。この場を借りて御礼申し上げます。また、2日間グラウンドを貸してくださった共栄大学野球部の皆様、本当にありがとうございました。

<明日の試合予定>

対高千穂大学(岩槻川通球場
13時試合開始予定
※学芸は1塁側後攻です※
平日ではありますが、ご都合のつく方はぜひ会場へお越しください。応援宜しくお願い致します!

【試合の様子】

DSCN1432DSCN1433

DSCN1435DSCN1441

DSCN1444DSCN1465

DSCN1475DSCN1515

(2年/マネージャー/金山千尋)


2件のコメント

  1. ご声援誠にありがとうございます。
    残念ながら、2部降格となってしまいました。
    来秋、また1部の舞台に立てますよう、スタッフ、部員一同努力してまいります。
    今後とも学芸大野球部をよろしくお願いいたします。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)