OP戦 対作新学院大学

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。本日行われました作新学院大学との試合の詳細をご報告させて頂きます。

対作新学院大学(作新学院大学G)

学芸 000 001 000 1
作新 116 100 00X 9

▼バッテリー
原(2回)、久世(1/3回)、阿部(5・2/3回)―古川

1 [三] 安部(2年:山形中央)
2 [指] 玉井(3年:長野)
3 [左] 青木(2年:三条)
  [打→中] 山崎(4年:盛岡第一)
4 [中→右] 宮之原(2年:日本大学第三)
5 [一] 金田(3年:八戸工業大学第二)
6 [二] 龍池(2年:新潟明訓)
7 [右] 加藤(4年:川越東)
  [左] 村松(2年:川越)
8 [捕] 古川(3年:東海大高輪台)
9 [遊] 町田(2年:立命館慶祥) 
  [走→遊] 井上(4年:柏崎)

学芸の先発は原。先頭打者にレフト線への二塁打を許すと、内野の守備が乱れ先制点を許します。2回、一死から二塁打で出塁されると、一つアウトを取った後二者連続安打で追加点を奪われます。3回からマウンドに上がる久世は制球に苦しみ一死二・三塁のピンチを迎えます。守備が乱れ追加点を許すと、さらにライトオーバーのHRを浴び3点を失います。その後も三者連続で安打を放たれ、ここでマウンドを阿部に託します。代わった阿部は4回、二死から右中間への三塁打を打たれ、味方のエラーで1点を失いますが、5回からは安定したピッチングで相手打線を無安打無得点に抑えます。

一方の学芸は4回まで相手投手の攻略に苦しみ出塁することが出来ません。6回、先頭の古川がレフト線への二塁打を放ちチャンスを作ります!!一死から安部がライト前に弾き返し、続く玉井が四球を選び満塁とします。ここでバッターは代打山崎。ライトへの犠牲フライで1点を返します。流れを引き寄せ、なんとか点差を縮めたい学芸でしたが、得点することが出来ず1-9で敗戦となりました。

今日の試合で、それぞれ感じたこと・考えたことがたくさんあったと思います。限られたOP戦の中で、今日の試合が無駄になることのないよう、練習の取り組み方・気持ちの持ち方を変えて次に繋げたいと思います。

【試合前のシートノックの様子】
DSCN2255DSCN2254
DSCN2261DSCN2267

【OP戦の日程】

3月12日(火)13:00- vs横浜国立大学
【会場】 横浜国立大学G
3月13日(水)13:00- vs大東文化大学
【会場】 大東文化大学G

応援よろしくお願い致します。

(3年/マネージャー/金山 千尋)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)