リーグ戦 対日大生物①

こんにちは。
本日は日大生物と試合を行いました。
結果をお知らせ致します。

TEAM123 456 789| R
生 物 |010 000 000|1
学 芸 |300 000 01/ |4

【スターティングメンバー】
1.(中)宮之原
2.(遊)石山
3.(二)日比
4.(捕)久保
5.(三)安部
6.(左)龍池
7.(一)岩切
8.(右)河西
9.(指)大音→PH熊谷(8ウ)→PR吉岡(8ウ)
P. 上田(5回)→橋本龍(2回)→阿保

【長打】
日比(二塁打)

2年生の上田(小松高)、3年生の久保(八戸)のバッテリーで試合が始まります。初回、相手を無失点に抑え、味方の攻撃に弾みをつけます。

image

(↑↑↑勝利投手の上田)

するとその裏、先頭打者の主将、宮之原(日大三高)がヒットで出塁すると、続く石山(新潟明訓高)、日比(桐蔭学園高)の3連打で瞬く間に先制します。その後、安部(山形中央高)にもタイムリーが飛び出し、初回に一挙3点を奪います。

image

(↑↑↑1番バッターとして打線を勢いづけた宮之原)

先発の上田は、ピンチを迎えても粘り強いピッチングで5回1失点と好投しました。
6回からマウンドに上がったのは、リーグ戦初登板となった橋本龍(春日部高)。落ち着いたピッチングで相手を打ち取り、1本もヒットを許すことなく、3回無失点で相手打線を封じます。

image

(↑↑↑3回無失点と好投した橋本龍)

中盤から終盤にかけては、両チームの投手の好投で、互いに得点を奪うことができず、3対1と僅差のまま試合は終盤に突入します。
8回の裏、代打の熊谷(山形中央高)が死球で出塁すると、代走の吉岡(土佐高)が相手のミスを逃さず3塁を陥し入れ、4番久保(八戸高)の犠牲フライでダメ押し点を奪います。
試合はそのまま4対1で勝利し、リーグ戦初戦を白星で飾ることができました。

打っては4年生の日比(桐蔭学園高)がタイムリーツーベスを含む2安打、守っては、上田(小松高)、橋本龍(春日部高)、阿保(青森高)の3投手が相手打線を1失点に抑える活躍でした。

image

(↑↑↑試合終了の瞬間)

リーグ戦初戦ということで、選手の中にはそれぞれ、不安や緊張、期待など、様々な思いがあったかと思いますが、チーム一丸となって勝利を掴むことができました。これから先、リーグ戦はまだまだ続きます。強い気持ちをもって戦って参りたいと思います。今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

<3年/マネージャー/塚本 千尋>


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)