オープン戦VS防衛大学校

こんばんは。
本日は防衛大学校と試合を行いました。
結果をお知らせ致します。

     123 456 789 R
学芸 1101 331 020 21
防衛   002 010 000 3

本日の試合は一回の表から打線が爆発しました。盗塁やヒット、四球でノーアウト満塁となった場面で4番熊谷(2年/山形中央高)がセンターへ犠牲フライを打ち、先制点をあげます。そして5番上田(2年/小松高)がレフトへホームランを打ち、3点を獲得しました。続く6番西(3年/伊勢高)がレフトへヒットを打つと、その後四死球が続き3点が追加されます。また、ツーアウト満塁の場面で、4番熊谷がレフトへホームランを打ち、さらに4点を獲得することができました。
 守備ではピッチャーの尾形(3年/八戸高)が安定のピッチングを見せ、1、2回を0点に抑えます。
 3回の表、1番土屋(1年/韮山高)が四球で出塁すると今回2回目の盗塁を決め、2番河西のセンター前ツーベースヒットにより1点を獲得しました。
 3回の裏では2点を奪われましたが、4回の表で8番高橋(2年/文京高)のヒット、2番河西のツーベースヒットにより2点を獲得します。
 さらに5回の表、4番熊谷、5番上田、6番西、7番長江(3年/開成高)、8番高橋が続けてヒットを打ち、さらに3点を獲得しました。
 5回の裏で1点を許すも、6回の表で3番梶原(3年/高松高)がライトにホームランを打ち、1点が入ります。
 6回の裏を大島(2年/岡山城東高)、7回の裏を石岡(3年/麗澤高)が確実に0点に抑えました。
 8回の表では相手のエラーもあり、さらに2点を追加します。
 8回の裏を板倉(2年/宇都宮高)、9回の裏を阿保(3年/青森高)がしっかりと抑え、21対3でオープン戦2勝目をあげることができました。

攻撃では本塁打3本、安打13本と、多くの選手が活躍していました。

負けが続いていましたが、今回このように良いゲームができたのは、全員がそれぞれ反省を活かし、一丸となってプレーできたからだと感じます。オープン戦も残り少ないですが、勝ちにこだわって戦っていきます。

(1年/マネージャー/永原真季) 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です