2019年8月21日 オープン戦vs千葉大学

こんばんは。本日は千葉大学とオープン戦を行いました。
結果をご報告いたします。

<スコア>
学|121 202 2 00|10
千|000 040 101×|15

<メンバー>
1.(9)高木
2.(4)酒井
3.(D)小林隆
4.(3)大野
5.(7)福田
6.(8)本木
7.(6)馬場→石塚(6裏)
8.(2)船場→加賀谷(6裏)
9.(5)筒井→池田(6裏)
P.渡邊→大島(7裏)

先攻の学芸は1回表、相手のエラーにより1点を獲得します。さらに2回表では8番船場(1年/八戸北)のレフト前ツーベースヒットと、1番高木(1年/開智)のレフトへのヒットにより2点を追加します。

船場

 

高木

また、3回の表には四球や4番大野(2年/高松第一)のレフトへのヒット、7番馬場(3年/会津学鳳)の犠牲フライにより、1得点。

大野
馬場

そして4回表には、1番高木の内野安打、2番酒井(1年/岐阜)の内野安打、3番小林隆太郎(1年/松本深志)のレフトへのヒット、四死球などにより2点を追加しました。

 

酒井
小林隆太郎

 

さらに7回表には3番小林隆太郎がレフトへのツーベースヒット、4番大野のツリーベースヒットにより2点を獲得しました。

守備では、先発が渡邊小次郎(1年/田村)、キャッチャーが1年の船場という1年生バッテリーでした。4回を無失点に抑え、テンポよく試合を進めます。

渡邊小次郎

しかい5回にエラーも絡み4点を奪われ、さらに7回には相手打線につかまり得点を許します。途中で大島(4年/岡山城東)に交代しますが、合計で10点を奪われてしまいました。8回にもエラーが絡み1失点し、10-15で千葉大学の勝利となりました。

今回は試合初スタメンの選手もいる中で、前半は学芸のペースで試合を進めることができました。後半に大量失点し得点できなかったところなど課題がでました。今後の練習やオープン戦で克服していきます。応援よろしくお願いいたします。

(3年/マネージャー/永原真季)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です