2017年11月4日(土)秋季リーグ戦対高千穂大学

こんばんは。

本日は秋季2部リーグ対高千穂大学戦を行いました。

結果をご報告致します。

<スコア>

高|511 003 0|10

学|000 002 0|2

<メンバー>

1.(2)土屋

2.(8)大音

3.(9)高木→遠藤(5表)→佐藤(6裏)

4.(7)熊谷

5.(3)上田

6.(D)小谷野→杉高(6裏)

7.(5)飯出

8.(6)馬場

9.(2)高橋→(H)中村(7裏)

P.阿部→橋本(4表)→荻沢(5表)→飯倉(7表)

後攻の学芸は初回、先発の阿部(4年/一関第一)が立ち上がりに苦しみます。四球とヒットで満塁になると、味方のエラーで2点を失います。さらにレフトへの2ベースヒットによって3点を奪われ、1回で5失点をしました。

2回表にもライトへの2ベースヒットを打たれ、犠牲フライにより1点を奪われます。

3回表ではヒットを3本許し、更に1点を追加されました。

4回表から阿部に代わって橋本(4年/春日部)が登板し、4回と5回をノーヒットに抑えます。

橋本に代わって6回に登板した荻沢(2年/高岡)は好調の高千穂打線を止められず、3点を許しました。

試合開始から相手ピッチャーに押されていましたが、6回裏にようやく得点します。代打で入った3番佐藤(3年/山形中央)が四球をもぎ取ると、4番熊谷(4年/山形中央)が左中間へ2ベースヒットを放ち1点、5番上田(4年/小松)も左中間へ2ベースヒットを放ちさらに1点を奪いました。

7回表には飯倉(2年/市立浦和)が登板し、7球で三者凡退に抑えるテンポの良い好投を見せました。

7回裏、飯倉のピッチングでいい流れで攻撃に入ると、先頭の8番馬場(3年/会津学鳳)がレフト前ヒットを放ちます。その後2アウトになりますが、2番大音(3年/春日部)が粘りライト前ヒットを放ちます。しかし打線は続かず、7回コールド10-2で高千穂大学の勝利となりました。

今回は優勝に関わる大事な試合でした。ですが初回から点差が開いてしまい、なかなか得点をすることができませんでした。守備攻撃ともに課題の残る結果です。ミーティングで一人一人のレベルアップ、チームとしてのレベルアップが求められました。

本日の試合は多くの応援をいただいただけでなく、たくさんの方々にグラウンドまで来ていただき、本当にありがとうございました。

明日は日本大学生物資源科学部と試合を行います。今日の反省点を生かし、必ず勝利します。応援よろしくお願いいたします。

(3年/マネージャー/永原真季)

☆明日の試合

対日本大学生物資源科学部 @東洋学園大学 第2位試合(13:30試合開始予定)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)