2017年11月5日(日)秋季リーグ戦対日本大学生物資源科学部

こんばんは。

本日は秋季2部リーグ対日本大学生物資源科学部戦を行いました。結果をご報告いたします。

<スコア>

学|000 050 100|6

生|001 001 001|3

<メンバー>

1.(4)土屋→酒井(8裏)

2.(8)大音

3.(5)飯出→(PH)高木(8表)→(5)筒井(8裏)

4.(7)熊谷→本木(8裏)

5.(3)上田→西原(8裏)

6.(D)杉高

7.(9)佐藤→(PR→9)遠藤(7表)

8.(2)高橋

9.(6)馬場

P.福島→橋本(6裏)

先攻の学芸は、好調の相手ピッチャーに押される場面もありましたが5回の表に打線がつながります。先頭バッターの2番大音(3年/春日部)がレフト前ヒットで出塁すると、3番飯出(2年/野沢北)の打席で盗塁を決め、飯出もレフト前ヒットを放ちます。続く4番熊谷(4年/山形中央)もレフト前ヒットを放ったことで、大音が生還し、1点を奪いました。そして5番の上田(4年/小松)の打席でワイルドピッチによりノーアウト2,3塁となった場面で、上田もレフト前ヒットを放ち1点を追加します。その後相手のエラーによりもう1点を獲得しました。更にその後、1アウト満塁の場面でバッターは9番馬場(3年/会津学鳳)。打球はライトへ飛び、2点を奪いました。

7回表には7番佐藤(3年/山形中央)が技ありのセンターオーバーツーベースヒットを放ち、ワイルドピッチにより進塁すると、9番馬場のセンターへの犠牲フライによって1点を追加しました。

守備では先発の福島(2年/蕨)が5回を1失点に抑え、7奪三振の好投を見せます。

6回からマウンドに上がった橋本も、最後は日が沈みプレーが難しい中で味方のエラーの絡む2知失点、8奪三振の力投をしました。

今回の試合は6-3で勝利することができましたが、守備でエラーがあったり、流れが悪くなった時の切り替え方などの課題が試合後のミーティングで挙げられました。次回の試合で4年生と一緒に戦えるのも最後になります。4年生の持っているものや考え方を吸収し、最終戦も勝利できるよう、1週間練習に励んでまいります。

応援よろしくお願いいたします。

(3年/マネージャー/永原真季)

☆次回の試合

対日本大学生物資源科学部 @淑徳大学埼玉キャンパス 第1試合


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)