3/14(水) vs作新学院大 一試合目

こんばんは。本日のオープン戦、対作新学院大学、一試合目の試合結果についてお知らせ致します。

学|000 000 200|2
作|100 010 001x|3

<メンバー>

1二 土屋
2中 大音
3右 佐藤
4指 杉高→代走 石田(7回表)
5左 丸山→代走 遠藤(6表)
6三 飯出
7一 渡部雄→大野(8回表)
8遊 馬場
9三 酒井
投 荻沢(5)→筒井(2)→福島(2)

本日の一試合目、先発のマウンドには荻沢(2年/高岡)が登ります。初回こそ制球に苦しみ、一点を先制されますが尻上がりに調子を上げていき5回を2失点にまとめます。

(↑本日先発の荻沢)

本日の打線はランナーこそ出すものの、大事な場面で一本が出ません。6回まで毎回ランナーを出しますが、得点を奪うことが出来ません。

6回からは筒井(市立稲毛)がマウンドに登ります。ピンチを招きますが、打たせてとる投球で併殺を奪うなど2回を0で抑える好投を見せます。

(↑好リリーフをみせた筒井)

対する学芸打線は7回、馬場(3年/会津学鳳)の四球をきっかけにチャンスを作ります。土屋の安打によって一死一三塁とチャンスを広げると、2番大音(3年/春日部)の犠飛、3番佐藤(3年/山形中央)の適時打で2点を返し、同点に追い付きます。

(↑犠打を放った大音)

(↑同点タイムリーを打った佐藤)

8回からは福島がバトンを受け継ぎます。8回を三人で抑える完璧な投球を披露します。
しかし9回、四球で出した走者を盗塁と悪送球で3塁に置くと、相手の打者にライトへの犠飛を打たれサヨナラ負けを喫してしまいます。

一試合目は、投手陣が手堅くゲームを組み立てたものの、打線では大事な所で一本が出ず惜敗に終わってしまいました。この試合の反省をリーグ戦に向けて克服していくべく励んで参ります。
二試合目の結果については続くブログでお知らせ致します。

(3年/主務/渡部健太郎)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)