3/14(水)オープン戦vs作新学院大学2試合目

本日行いました作新学院大学とOP戦、第二試合の結果をご報告いたします。
〈スコア〉
作|010 010 010│3
学|000 100 000│1

〈メンバー〉
1右 高木→富田(7表)
2中 本木
3一 小林隆
4指 丁野
5捕 加賀谷→船場(8表)
6左 福田→代打 小谷野(7裏)
7三 筒井→西原(6表)
8遊 石塚→代打 中村(8裏)→遊(9表)
9二 石田→代打 小林丞(8裏)→二(9表)
投 古田(5)→小林徹(2)→池田(1)→藏(1)

〈レポート〉
作新学院大学との2試合目、学芸の先発は古田(2年/大泉)。初回、わずか5球で3人を打ち取り、好調な滑り出しを見せます。しかし続く2回、ヒットでランナーを出すと四球を続け、続くバッターの犠牲フライで1点を失います。しかし次のバッターをしっかりと打ち取って最少失点に留めます。3、4回は古田の打たせてとるピッチングとショート石塚(1年/旭野)の軽快な守備で相手打線を封じ込めます。

古田

初回から打ったヒットは福田(3年/盛岡第一)の1本のみ、と鳴りを潜めていた学芸の攻撃に勢いがついたのは4回。小林隆(1年/松本深志)かセンターへのヒットで塁に出ると、加賀谷(2年/秋田)が初球を叩きます。打った打球はセンターへの二塁打となり、小林隆が還って1点、同点となります。

加賀谷

5回、テンポよくツーアウトまで奪いますが、あとひとつをとるのに苦労します。四球で出したランナーで盗塁で進まれたところでヒットを打たれ、1点を失います。二死一三塁となりますが、出ていた三塁ランナーをキャッチャー加賀谷が刺してピンチを救います。
6回、ピッチャーは小林徹(2年/宮崎大宮)に代わります。気迫溢れるのピッチングで6、7回を三者凡退に抑え、追加点を許しません。

 

8回を投げたのは池田(2年/蕨)。先頭バッターにヒットで出塁されるも、巧みな牽制でランナーを塁に釘付けます。しかし4番のヒットで還られ点差は2点に広がりますが、続くバッターをフライで打ち取り相手の攻撃を終わらせます。
9回のピッチャーは藏(2年/江戸川学園取手)。この回裏での逆転を願い、相手バッターを三者凡退にし、点差を広げさせません。
ピッチャーをはじめ、良く守り、失点を最小限に抑えていた学芸ですが、攻撃の方は繋がりません。4回に1点取って以降、相手ピッチャーに完璧に抑えられ、三者凡退が続きます。9回は一死から本木(2年/成蹊)の打った打球が内野安打となりますが、最後はダブルプレーに打ち取られ試合は終了し、3-1で作新学院大学の勝利となります。
ここ最近の連戦では、相手に先制されるが取り返せる、しかし勝ちきれない、というケースが続いています。連敗を止めるには、前半の得点のチャンスをものにする力、相手との駆け引きをもっと意識することなどが求められます。明後日からまた試合が続くので、ここまでの試合で学んだことを生かして、次こそ勝つことができるように、部員一同集中して頑張ります。応援していただいた皆様ありがとうございました、今後ともよろしくお願いいたします。

(1年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)