3/27(火) OP戦 対千葉商科大学

本日行いましたOP戦対千葉商科大学の結果をご報告いたします。
〈スコア〉
学|410 010 000|6
千|002 001 000|3

〈メンバー〉
1中 大音
2ニ 土屋→石田(9裏)
3右 佐藤
4捕 飯出
5左 丸山→遠藤(5裏)
6指 福田
7一 小林隆
8遊 馬場→石塚(6裏)
9三 酒井
投 荻沢→飯倉(7裏)

〈レポート〉
試合は序盤から動きます。先攻の学芸は初回、1番大音(3年/春日部)が内野安打で出塁すると、続く土屋(3年/韮山)、佐藤(3年/山形中央)が四球を選びます。盗塁やワイルドピッチで進塁し、あっという間にノーアウト満塁という場面を作ります。バッターは4番飯出(2年/飯出)。犠牲フライで大音が還って先制点を手にします。さらに1塁走者佐藤がスタートを切り、送球が行われる間に三塁走者土屋が本塁へ走り、足で1点を奪います。この勢いのまま6番福田(3年/盛岡第一)、7番小林隆(1年/松本深志)、8番馬場(3年/会津学鳳)がヒットを打って2点を追加し、初回4点を奪います。続く2回も、土屋、佐藤がヒットで出塁し、飯出の犠牲フライで1点を得て、リードを5点に広げます。
本日の先発は荻沢(2年/高岡)。1回、2回と危なげないピッチングで無失点に抑えます。センターへよく打球が飛びましたが、大音の広い守備範囲に阻まれ、アウトを重ねます。3回、ノーアウト1、2塁の場面で長打を打たれ2点を失いますが、続くバッターに荻沢が粘り勝ち、三振にしとめます。その後もセンターフライと三塁走者タッチアウトでピンチを切り抜けます。
荻沢の好投に応え、4回、絶好調の大音、佐藤のヒットで1点を追加します。またも点差を広げ、5-2とします。
ピッチャー荻沢は4回を三者凡退、5回は味方のエラーが出るも、落ち着いてバッターを打ち取ります。6回にヒットが続きますが、最少失点にとどめ、6回を投げ切りました。
5回以降、かわるがわる出てくるピッチャーに抑えられ、学芸の攻撃は波に乗れません。7回、8回、9回を三者凡退にされ、これ以上の攻撃はかないませんでした。
7回から登板したのは飯倉(2年/市立浦和)。7回、8回、9回全て三者凡退と完全に抑え、素晴らしいピッチングで試合を締めます。千葉商科大学とのOP線は、6-3で東京学芸大学が勝利しました。
春のOP戦も終盤となり、リーグ戦開幕も1週間後に迫ってくる中で、良い意味で試合慣れし、チームとして仕上がってきているとのお褒めの言葉をいただきました。その上で、内野手の送球の安定性や下位打線の弱さなどのさらなる課題も挙がりました。残りのOP戦を良い形で終え、その勢いをリーグ戦に繋げていけたらなと思います。本日は応援してくださった皆様、ありがとうございました。明日は学習院大学とのOP戦を行います。また、応援のほどよろしくお願いいたします。

(1年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)