3/30(金) 対星槎道都大学

こんばんは。本日のオープン戦、対星槎道都大学の試合結果をお知らせいたします。

〈スコア〉
道|100 010 061|9
学|100 002 010|4

〈メンバー〉
1.(8)大音
2.(4)土屋→石田(8表)→(H)加賀谷(9裏)
3.(9)佐藤→(2)丁野(9表)
4.(D)杉高
5.(2)飯出→(R→9)本木(8裏→9表)
6.(7)福田→遠藤(6表)
7.(3)渡部→大野(6表)→(H)丸山(8裏)→(3)西原(9表)
8.(6)馬場→(H)中村(7裏)→(6)石塚(8表)
9.(5)酒井→(H)小谷野(9裏)
P. 飯倉→荻沢(6表)→高木(8表)→藏(9表)→筒井(9表)

 

相手に先制を与えてしまった直後の1回裏、土屋(3年/韮山)が四球で出塁すると、俊足を活かし、華麗に盗塁を決め一死二塁とします。このチャンスで続く佐藤(3年/山形中央)がセンターへヒットを打ち、同点とします。

佐藤

初回に1失点してしまった先発飯倉(2年/市立浦和)ですが、その後4回まで被安打1に抑え、順調に試合を進めます。しかし、5回に先頭打者に痛烈なホームランを打たれてしまい、またしても1点を追う展開に。

 

飯倉

逆転したい学芸は6回、先頭打者土屋が四球で出塁します。そして本日二回目の盗塁、続くバッターの内野ゴロで一死三塁とします。続いて打席に立ったのは杉高(3年/富山中部)。ライトへヒットを放ち、再び同点とします。続く飯出(2年/野沢北)のセンターオーバーの二塁打で一死二三塁と再びチャンスを迎えます。ここでバッターは福田(3年/盛岡第一)。ライト方向への打球は見事犠牲フライに。逆転に成功します。

福田

6.7回を無失点に抑えた荻沢(2年/高岡)にかわって、8回からは高木(1年/開智)がマウンドに上がります。先日は好投をみせた高木でしたが、6失点と本日は振るわず。8対3と逆転されてしまいます。

8回裏には、杉高が四球で出塁。飯出がレフト線への痛烈な二塁打を放ち一死二三塁。続く途中出場の遠藤(3年/秋田)の犠牲フライで1点を返しましたが、反撃もここまで。
9対4、星槎道都大学の勝利で試合は終了しました。

飯出

本日の試合では負けてしまったものの、学芸の攻撃がきちんとできており、ベンチの声もよかった一方、攻撃の姿勢や投手と野手がもっと信頼してフォローしあうべきなどの課題も見つかりました。
残り少ないオープン戦にも、これまでの課題を活かしながら挑み、リーグ戦にむけてまだまだ成長していけるよう努めてまいります。
これからも応援よろしくお願いいたします。

(1年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)