3/29(木) OP戦 対埼玉大学

3月29日に行いましたOP戦 対埼玉大学の結果をご報告いたします。
〈スコア〉
学|010 010 100|3
埼|101 010 01X|4

〈メンバー〉
1本木(中)→富田(6裏)
2西原 (三→一)(6裏)→船場(代打)(9表)
3丸山(左)→筒井(代打→三)(7表→7裏)
4杉高(指)→中村(7表)
5渡部(一)→酒井(三→左)(6裏→7裏)
6加賀谷(捕)→丁野(6裏)
7小谷野(右)
8石塚(遊)→小林丞(代走→遊)(7表→7裏)
9石田(二)→池田
投 大野→藏(6裏)→古田(8裏)

〈レポート〉
本日の先発大野(2年/高松第一)は初回から迫力ある投球を見せます。エラー絡みで1失点してしまいますが、続く2回には二人を三振に取り三者凡退にするなど、危なげなく抑えていきます。3回にはヒット2本により1点を奪われますが、セカンド石田(2年/小樽潮陵)、ショート石塚(1年/旭野)がしっかりと打球をさばいてピンチを防ぎます。
1点先制されて迎えた2回、この回先頭の杉高(3年/富山中部)が四球を選んで出塁します。5番6番打ち取られ2アウトとなりますが、ここから7番小谷野(2年/日本大学第三)、8番石塚が立て続けにヒットを打ちます。杉高が還って1点を奪い、同点に追いつきます。
再び1点を追う展開の5回、試合は動きます。9番石田が、センターへきれいに打ち返して出塁すると、俊足を生かして初球から走ります。盗塁が決まってワンアウト2塁。ここで昨日も絶好調だった西原(2年/町田)に打席が回ります。力強く叩いた打球はレフトへのツーベースヒットとなり、期待に応えます。またも同点となりますが、この回裏、相手にホームランを打たれ、2‐3となります。
6回から登板したのは藏(2年/江戸川学園取手)。テンポの良い投球で相手に攻撃をさせません。6回7回を無失点に抑える好投を見せます。
7回、先頭の石塚が四球を選んで出塁します。ここで先日の試合で盗塁を決めた小林丞(2年/松山東)が代走として送られます。しかし相手ピッチャーのボールが続き、冷静に四球を選んで3人が出塁。押し出しとなり、走らずして還ります。
8回、ピッチャーは古田(2年/大泉)に代わります。味方のエラーで出たランナーをヒットで還されます。その後もランナーは出しますが、最後は力強い投球で三振を奪い、得点を許しません。9回の攻撃での逆転を待ちます。
9回、1点を追う学芸は、先頭池田(2年/蕨)が四球で出塁し、続く富田(2年/大垣北)が見事なバントで送ります。しかし後続が内野ゴロに打ち取られ、スリーアウト。3‐4Xで埼玉大学の勝利となりました。
試合が続いていますが、実戦の中で学ぶこと、見つかる課題がたくさんあります。本日の試合後のミーティングでは、主に走塁について話されました。これらのOP戦で得た経験を、きちんとリーグ戦に生かしていきます。これからも応援よろしくお願いいたします。

(1年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)